ページ

2015年10月31日土曜日

川越救急クリニック 上原淳

 さっきまで、BSのTBSで、救急医療に関する番組を見ていた。
 川越救急クリニックを開業した医師、上原淳、が登場し、日本の救急医療について説明していた。

 この先生、産業医科大学の卒業で、埼玉医科大に移り、埼玉の川越で救急クリニックを開いた。私個人としては、産業医科大の卒業生にいい印象は持っていないのだけれども、それは個人的な経験に過ぎない。
 「産業医科」というから、何か国立か公立の医科大学と思っている人も多いと思うけれども(私もそうだった)、私立の医科大学である。九州には、福岡大学医学部とか久留米大学といった私立の医大・医学部が他にもある。これも、昔は「公立大学」かと私は誤解していた。

 52歳ということらしいのだけれども.....。番組のVTRで、アルバイトに他の病院に向かう姿が映し出されたのだけれども、彼の乗っている自家用車のリアにエアロパーツがデンと据え付けらていた。52歳で、まさか、暴走(族)しているわけでもないだろうけれども、普通の52歳が使うような車ではないように思えた。こうした「些末なこと」が、えてして、個人の特徴をよく教えてくれているものである。
 地元医師会にも受け入れてもらえず、借金をかかえ、アルバイトで生活を支え、それでも救急医療に情熱を注いでいる。30件断られ、40件断られて、この先生の病院に救急車で運ばれてくる患者もいるという。
 それが、埼玉の救急医療のヒドイ現実なのだろう。

 埼玉県の救急医療については、以下のエントリーで「なんとなく」理解できる。済生会栗橋病院の話。

http://restfultime.blogspot.jp/2013/03/3.html




監督責任者である県警本部長が処分されないという茶番

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151030/k10010288701000.html
千葉県警の交通統計問題 事故死を「病死」に
10月30日 17時55分

千葉県警の交通統計問題 事故死を「病死」に
千葉県警察本部がおととしまでの10年間にまとめた交通死亡事故の統計に165件が計上されていなかったことが警察の内部調査で分かりました。中には「交通事故による死亡」と医師が書いた死体検案書の写しに警察官が手を加えて「病死」としたケースもあり、千葉県警察本部は7人を訓戒などの処分にしました。
NHKが去年、千葉県内で起きた交通死亡事故について調査や取材を行ったところ、おととしまでの3年間に死亡事故の件数が統計に少なく計上されていた疑いがあることが分かり、千葉県警察本部は全面的な調査を行うと表明して、内部調査を進めていました。
その結果、平成16年からおととしまでの10年間に、発生直後は死亡事故として取り扱われたものの、その後、病死や自殺などとされて統計に計上されなかった事故が合わせて165件あったことが分かりました。
千葉県警は、このうち143件については当時の判断の誤りで意図的な不正ではないと説明していますが、22件については警察官による不正があったとしています。
交通死亡事故は発生から24時間以内に死亡した人を計上しますが、不正があった22件のうち21件は、24時間を超えて死亡したことにしていました。
また、残る1件は「交通事故による死亡」と医師が判断した死体検案書の写しに警察官が手を加えて「病死」に改ざんしたということです。
交通事故による死者数を正しく計上すれば、平成24年の千葉県は死者が27人増えることになり、全国でワースト8位だったのがワースト2位になるなど、順位も大幅に変わります。
千葉県は毎年、交通死亡事故が多く、県警は事故の件数を減らすというプレッシャーも背景にあったとしています。
千葉県警察本部は10年分の統計を修正するとともに、直接改ざんに関わった警察署の交通官や監督する立場だった幹部ら、いずれも警視以上の7人を30日付けで訓戒などの処分にしました。
県警本部長「信頼損ね誠に遺憾」
千葉県警察本部が調査の対象としたのは、平成16年からおととしまでの10年間に起きた792件の死亡事故です。これらの事故は、発生直後には死亡事故として取り扱われましたが、その後、病死や自殺だったことが分かったとか、発生場所が道路ではなかったなどとして統計に計上されていませんでした。
千葉県警察本部は統計に計上しないとした当時の判断が正しかったか改めて調べ、その結果、調査対象の事故の21%にあたる165件で、判断の誤りや警察官による改ざんなどが確認されたとして、統計に計上すべきだとしました。
千葉県警察本部の黒木慶英本部長は、「交通安全対策の重要な資料となる交通死亡事故統計の信頼を損ねる事態を生じさせたことは誠に遺憾です。今後、統計に関する手続きの厳格化を図るとともに、全職員に対し統計の重要性を改めて認識させ、再びこうした事態が生じることがないよう指導を徹底します」とコメントしています。
森田知事「適正な業務の実施を」
千葉県の森田知事は、「県警において交通死亡事故統計に関して不適正な取り扱いがあったことは遺憾だ。県警には、適正な統計業務の実施と交通事故防止対策を推進するよう改めてお願いした」とコメントしています。
背景にはプレッシャーも
今回の問題について、千葉県警察本部は事故の件数を減らしたいというプレッシャーも背景にあったとしています。
千葉県警察本部によりますと、今回の問題に関与した警察官の一部は、事故の件数を減らしたいというプレッシャーを感じたなどと話したということです。そのうちの1人は、「死亡事故が減少している流れをとめたくなかった。自分の警察署では死亡事故の件数が多かったので、プレッシャーを感じていた」などと話したということです。
また、内部調査の対象期間に在籍していたある警察官OBは、NHKの取材に対し、「交通部門に所属する警察官ならだれしも死亡事故を1件でも減らしたいと思っている。それを勘違いして、幹部から『事故が多い』とか『目標が達成できない』などと言われ、プレッシャーを感じる人もいた」と話しています。このOBは、「死亡事故を統計に計上するかどうか、警察署と県警本部とがやり取りするが、借金があった人が事故で亡くなった際に、警察署の担当者が本部から明確な証拠がないのに『自殺の可能性が高いですよね』と言われ、自殺として処理したケースもあったと聞いた」と話しています。
死者数はさらにワースト上位に
おととしまでの10年間、千葉県は都道府県別の事故の死者数で毎年、ワーストの上位にあり、統計が修正されれば順位がさらに上がる年も出てきます。
都道府県別の交通事故による死者数で、平成16年からおととしまでの10年間をみると、千葉県はワースト3位から8位の間にありました。
件数を正しく計上すれば、ワースト8位だった平成24年は死者が27人増えて202人となり、愛知県に次いで全国ワースト2位になります。また、ワースト7位だった平成21年はワースト3位に、いずれもワースト3位だった平成18年とおととしはワースト2位になります。
統計が修正されれば、千葉県は10年間、毎年ワースト4位以内に入っていたことになり、順位が大幅に変わることになります。

2015年10月29日木曜日

JCASTから 気になったニュース

安保報道「反対デモばかり取り上げるな」 NHKに視聴者から指摘相次ぐ
2015/10/28 13:47
   安全保障関連法案をめぐるNHKの報道に関し、「反対デモばかり取り上げている」「公平に放送してほしい」といった視聴者の厳しい意見が寄せられている。NHK経営委員会の浜田健一郎委員長が2015年10月27日の委員会で発表した。
   意見は、同法成立直前の9月16日から18日にかけて視聴者が寄せたもの。年代別で60代以上が全体の6割を占め、計9655件あったという。
   「番組が政府寄りだ」「賛成デモの報道が少ない」など法案への反対、賛成、双方の立場から寄せられたが、60%以上はNHKの報道に対する厳しい意見で、好意的な意見はわずか2%だったという。
▲:コリアンに支配されているNHKなのだから、そうした偏向報道はいつものこと。


国連担当者が「日本の女子学生の30%が援交経験」 根拠は不明のまま、記者会見で「いいかげん発言」

2015/10/28 19:20
   国連の児童ポルノ問題の専門家が「現在、日本の女子学生の30%が援助交際をやっている」と発言した。
   本当だとすれば、驚くべき高い割合だが、こうした調査は最近行われていない。根拠のない発言は国際問題だ、という批判も出て、大きな波紋を広げている。
「30%」ではなく「13%」の誤りだったと訂正
   国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏は2015年10月26日、日本記者クラブで記者会見し、日本の子どもがさまざまな形の「性的搾取」の危険にあう可能性があると指摘。その上で

「現在、女子学生の30%が援助交際をやっていると言われている」

と述べた。

   にわかには信じられない高い割合だが、会見で数字の根拠は問われず、ブーア=ブキッキオ氏からもどんな調査にもとづくのか説明はなかった。

   J-CASTニュースが日本の国連広報センターに確認したところ、実は「30%」ではなく「13%」の誤りだったと訂正された。通訳の勘違いということらしいが、本当かどうかは微妙だ。
   また、会見で話した内容は彼女が日本滞在中に面会した関連団体などの調査にもとづくものだとしたが、具体的にどういう調査か把握していなかった。また、会見の内容はあくまで彼女の見解で、国連の正式なものではないという。
   はたして、彼女は何を根拠にしているのだろうか。J-CASTニュースは女子中高生らの援助交際について実態調査を実施したのか、文科省や警察庁に問い合わせたが、いずれも把握していないという。東京都の教育委員会など関連しそうな部署にも問い合わせたが、回答は同様だった。「そんな調査が行われていると聞いたことはない」と語る担当者もいた。
ベネッセ教育研究所の調査では女子が対象で4.4%
   ようやく見つかったのは、1996年東京都生活文化局の調査だ。男子を含む当時の中高生を対象にしたもので援助交際を経験したことがあると回答したのは3.3%だった。また97年のベネッセ教育研究所の調査では女子が対象で4.4%だった。どちらも今から20年以上前のものとはいえ、ブーア=ブキッキオ氏の発言とは大きな開きがある。
   発言は波紋を広げている。参院議員の山田太郎氏(日本を元気にする会)は10月27日、自身のツイッターで「漫画、アニメの件も含めて追及していきます。これは国際問題です」と指摘。また、山田議員のサイトでは、「事実誤認であれば、きちんと事実を伝えることの約束を外務省の担当者から取り付けました」と報告している。
▲:北星学園断固指示の倉本總の、不幸にして亡くなられた姪も、「国連職員」になることを希望していたけれども、国連職員というのはこうした連中ばかりなのだろう。それと、何かと話題のベネッセ、が、そんな調査をしていて日本中傷をサポートしていたという事実。ベネッセの創業者は、今は海外に住んでいる。日本に住み続けることが嫌だったのかもしれない。


iOSバージョンアップに落とし穴 通信量勝手に増え、速度制限受ける恐れも

2015/10/28 19:31
 iPhone(アイフォーン)やiPad向けの基本ソフト(OS)、iOSのバージョンアップが米国で集団訴訟に発展している。バージョンアップ後は、無線LAN(Wifi)での通信状態が悪くなると、3Gや4G(LTE)と呼ばれる携帯電話網の電波に自動的に切り替わる機能が新たに搭載された。ただ、3G/4Gでは事前に契約した一定量のデータを使い切ると通信速度に制限がかかって事実上使い物にならなくなるのが一般的だ。
   原告は、新機能では3G/4Gに自動的に切り替わることを明示しなかったことで想定よりもデータが多く消費されると主張。なんと請求額は500万ドル(約6億円)にも及ぶ。
3G/4Gに切り替わっていることに気づかずに使用
   この新機能「Wifiアシスト」は、2015年9月中旬に配信が始まったiOS 9に初めて搭載された。本来ならば、Wifiのアクセスポイントを離れても通信を途切れさせないための便利な機能だが、思わぬ「副作用」が出た。画面上にはWifiと3G/4G、どちらの電波で通信しているかが表示されているものの、それを意識しながら使っている人は少ない。そのため3G/4Gに切り替わっていることに気づかずに予想外にデータを消費してしまう人もいるようだ。
   日本国内での契約の場合、(1)締日までの1か月あたりのデータ量が7GB(ギガバイト)を超えると128kbpsに速度が遅くなる。速度制限の解除には追加料金が必要(2)3日間に1GBまたは3GB以上使用すると制限がかかることもある、というケースが比較的多い。つまり、新機能で予想外に速度制限を受けたり、追加でデータの利用枠を購入せざるを得なくなったり可能性が高まるというわけだ。
   こういった点をめぐり、早くも米国では訴訟が起こった。アップル専門のニュースサイト「アップルインサイダー」が2015年10月23日(現地時間)に報じたところによると、カリフォルニア州在住の夫妻が同日付でアップルを相手取ってサンノゼ地裁に提訴。原告は、想定外のデータ使用量に関する「洪水のような量の記事」がネット上に出回るまで、アップルが注意喚起をしなかったと主張。あらゆる利用者が使いすぎたデータの代金をアップルが払い戻すべきだとしている。原告が実際にどの程度の経済的損失を受けたのかは明らかではないが、「論争にかかる全コスト」として500万ドルを請求。いわゆる懲罰的損害賠償をめぐる訴訟だとみられる。
   なお、日本語版のiOS9では、「設定→モバイルデータ通信」と移動し、一番下までスクロールすればWifiアシスト機能の操作ができる。
▲:ということで、早速自分のスマホを調べてみた。on になっていたので、off にした。


2015年10月28日水曜日

病院関連 定年期日 給与明細

 今日は病院事務事務の人に会って、私の定年がいつになるのかを訊いた。60歳になった月なのか、それとも60歳になって、翌年の3月末なのか。後で連絡するとのこと。
 また、給与明細の発行を今まで頼んでいなかったが、これからはしてもらうように手続きをするようにした。



2015年10月25日日曜日

Day-9 青森県立郷土館 六ヶ所村核燃再処理施設 恐山泊まり


 青森県立郷土館でこの日から始まる環状列石と周堤墓展。これを見るために、この日まで、青森市の周辺であちこち観光していた。もしこれが無かったなら、1日を費やして上小阿仁村や大湯環状列石や尾去沢鉱山に出かけるようなこともなかっただろう。





 六ヶ所村の核燃再処理施設に行く。とは言っても、入口の写真を撮っただけ。写真を撮りだすと直ぐに警備員が私に向かって駆け寄ってきた、というより突進してきた。
「写真を撮ってはいけないんですか?」
 と私が訊ねると、その30歳くらいの警備員服(?)を着た男は、
「そうじゃないけど、危険だから車を移動してください」
 という。
 言葉は乱暴ではないけれども、要するに「立ち去れ!」ということ。
 私の車は出入り口からかなり離れた場所に、つまりは核燃再処理施設の出入りには全く問題のないところに停めてあるのだけれども、この入り口の写真を撮ったなら「道路の邪魔だ」ということで、なんと、この施設の警備員が県道での交通事故抑止の仕事も受け持っている、らしい。
 言い争っても無駄なので、3枚くらい写真を撮ってから車に戻る。
 警備員は私の車が去ってしまうまで、じっと(直立不動で)道端に立っていた。
 そういうマニュアルがあるのだろう、施設の写真(入り口だけ)の写真を撮る奴が来たら、「交通の邪魔だ、危険だ」とまくしたてて追い立てる、というマニュアルが。



Day-8 上小阿仁村 大湯環状列石 尾去沢鉱山 大坊温泉泊まり

 上小阿仁村のことかどうかはまったくもって不明だけれども、ハム速に興味深い投稿があげられている。

http://hamusoku.com/archives/8416006.html


 この村については、以前、ここに書いた……というより、引用した。

http://restfultime.blogspot.jp/2014/07/blog-post_9.html


 秋田県の自殺率は全国一髙い。今でも全国一か全国二、ぐらいの<髙自殺率>の地域である。それを、日光不足、とか、冬型うつ病、とか、はては高血圧などによる脳血管障害の多さからくる精神的な後遺症とか、あれこれ医学的に説明されることがあるけれども、本当はこうした<閉塞社会>だから、なのだろう。
 小さな村だけに留まらず、大きな都市である秋田市でも、似たように息の詰まるような<拘束社会>というものが存在していることが容易に想像できる。


 上小阿仁村に向かう途中のNHKFM。
 グレイのTERUとミーシャの対話。ミーシャは松嶋菜々子。松嶋菜々子の義姉は孫明日香。
 TERUの妻は、家族全員で韓国に移住した経験を持つ、転勤ではなく移住。PUFFYの二人とも入れ墨あり。もう一方の方は、入れ墨を出して幼稚園に子供を送り迎えで顰蹙をかっている。

 1979年3月に、この小林多喜二生誕の石碑前に、私は母と一緒に立っている。その夜は、能代のホテルに泊まったことを覚えている。








Day-7 川倉地蔵尊 化粧地蔵再訪 白神山地 白神温泉泊まり




 この川倉地蔵尊(賽の河原)の横にある、旧金木町の公営墓地に、羽柴秀吉(本名・三上誠三)の大きな、というか巨大な墓を偶然見つけた。ウィキで調べてみると、この実業家・選挙マニア(?)の男性は、今年の4月に五所川原の病院で死亡していたのである。私が見物した際は、しかし、墓誌には何も記されていなくて「白紙」のままだったけれども。
ウィキ 羽柴誠三秀吉




 途中で、坂本美雨の番組、東京FM。
 ヒロミがゲストで、この男、元はホストをしていた。「大昔から」岩城滉一@反日コリアン と親しくしてもらっているという。



 西目屋村の役場の中で観光パンフレットを探していたら、こんなチラシまで見つけてしまった。





Day-6 松田松雄展 五所川原市のホテル







『四角との対話』松田松雄著より

P32~
 こうした公のかたちで、自分の生まれ育った土地をいみきらいつづけたと話すことは、成人して突然、それまで罪を犯していない自分の両親に向かって、「子供のころからあなたが嫌いであった」というに等しいほど、私には胸がいたむ。しかし、この言葉をきかされる方は、さらに救いようがないほど……つらいにちがいない。
 絵をかくとき、いつも私が、自分の中からどうしても捨ててしまいたいと思っていたものは、その田舎の風景であった。
 私は、その風景に対してだけは、よりかかって仕事をしたくないと思った。目をとじれば、あざやかに、故郷の海や山々のひだ、沼、そこに棲んでいる魚など、川をさかのぼって小川の源にいたるまで、そのすみずみまでが浮かんでくる。しかし――、その風景の中には、自分の歩んだ屈辱的な人生の歴史がきざみこまれている。だれもが私に対し、つらくあたったわけでもなく、またとりたてて私は、周囲の人々から蔑視されて育ったわけでもない。

 ただ、その風景の中にも、また人間の中にも、他人の可能性を封じ込めるものだけにしか、私には見つけることが出来なかった。何代もつづいた人々の歴史が、運命が、ほぼ変わることのない形でそこにはある。私には、生まれた時から、人生の可能性だけではなく、その運命、人格までが決められてしまうということに、はらだちを覚えた。
 目にする海と山の風景の中に、山頂や中腹に、また山と山のあいだにわずかにひらかれた耕地に、自分達の未来を見ることは出来なかった。年ごろになって、船にのり漁師になるか、出稼ぎの大工か左官になるか、あるいは町の中の……あるかなしかの事務職を見つけること以外には生活の形がないのであった。
 生きるためには、ほとんど選択の余地がなく、自分の中にあるわずかばかりの適応性をさがしだして職につく。自分が人間であることを忘れ、無意識のうちに、周囲に気をくばり、ひたすら雇主につくし、素朴につとめることによってしか、人間としてのまっとうな評価が得られないという思いが、私にはやりきれなかった。
 そして、何よりも、その評価が、その人の生き方によって問われるのではなく、その人が生まれた時から、すでに身分、財産などによって決定しているのであった。
 それに気がついた時、私と同じような屈辱的な道を、あとの者もまたたどるのかと考えた時、自分の子孫のために、私は、自分の運命を変えなければならないと思った。
 私のふるさとを、都会人のように風景として見れば、山があり、海があり、川があり、松原があり、人々は素朴で勤勉であり、他所からくらべても、決して悪くはない所である。
 むしろ現在では、開発されずに、ポケットのように周囲から俗化されずに残っているということは、貴重な財産のようにも思える。
 そして私は、今になり、しばしばそれを大切にして欲しいとさえ思うのだ。
 しかし、それは、私がすでにふるさとに何のつながりも持たずに生きているからこそ、いえることでしかない。
 ものごころがついた時から、自分の生まれたことをくやみ、私がその土地に憎しみすら抱きながら生きつづけてきたのも、その生活の貧しさゆえだったと考えれば、とてもそうは簡単に言えないはずだが……。
 村の特定の金持ちの所に生まれた子供か、町に住んでいる子供以外は、生まれた時から労働者として見られ、そのために育てられる。
 そして、たいがいのひとは、背後は山にかこまれ、前方にひろがった海との間にある空しか、拝むことが出来ないようなくらしの中で、それをあたりまえのこととして一生を終わる。これが、少年のころ私が感じた故郷であった。


P116
 創作とは感動したものを描くことではない。自分が真に感動すべきものを自らの手で、創り出していく作業である。
 他人は決して、100%自分自身を感動させてくれるものはつくれないからである。



Day-5の3 雫石プリンスホテル

 あの、秘湯の蒸ノ湯温泉ですら、全館でWi-Fiが使えたというのに、このホテルでは、ロビーでしか無線LANが使えないという。これが、プリンスホテルの品質、というものなのか、ただただ呆れてしまう。いまどき、名のあるホテルでWi-Fiが使えないということを
「恥ずかしいとは思わない」
 のはプリンスホテルだけだろう。
 今日は、団体のバスが6台、入っているという。老人たちばかりの観光旅行らしい。
 Wi-Fi, 無線LANの設備などたいして金のかかる設備でもないだろうに、それをしないプリンスホテル。今でも堤義明の指導下にあるのだろうか。
 堤義明といえば、禁煙の赤坂プリンスホテルのロビーを葉巻(?)を吸いながら歩き、その後ろを灰皿を手にした社員が付いて回ったという雑誌記事を読んだことがあるけれども、そういう社風なのだろうか。

 夏油温泉の見物を終えたなら今日の観光は終わりであり、明日は岩手県立美術館、岩手県立博物館、に行く予定だったので、どうしても盛岡周辺、あるいは盛岡に泊まるのが便利だった。

 夏油温泉に向かう前に、iPhoneを使いヤフートラベルのサイトで盛岡のホテルを検索した。
 どれもどこも、満足できなかった。この値段で盛岡市内に泊まるくらいなら……雫石のプリンスホテルに泊まった方がよほどマシに思えた。
 しかし、そこは、雫石、である。


●ウィキより引用

全日空機雫石衝突事故
 は、1971年7月30日に発生した航空事故(空中衝突)である。
岩手県岩手郡雫石町上空を飛行中の全日本空輸の旅客機と航空自衛隊の戦闘機が飛行中に接触し、双方とも墜落した。自衛隊機の乗員は脱出に成功したが、機体に損傷を受けた旅客機は空中分解し、乗客155名と乗員7名の計162名全員が死亡した。1985年8月12日に日本航空123便墜落事故が発生するまで、日本国内の航空事故としては最大の犠牲者数を出した事故であった。(中略)
 (衝突の)直後、双方の機体はともに操縦不能になった。全日空58便についてはしばらく降下しながら飛行していた。のち、水平安定板と昇降舵の機能を喪失していたため、降下姿勢から回復できず速度が急加速し、音速の壁を突破したことにより約15,000ft(約5000m)付近で空中分解し墜落、搭乗していた乗員乗客162名全員が死亡した。その時の音速の壁を突破した際のものと思われる衝撃音が盛岡市内の病院屋上など、墜落地から離れた場所でも確認されている。
衝突直後には大きな白い雲状の物が発生した事実を多くの者が目撃しており、写真撮影した者も複数いた。事故発生後の写真に関しては、毎日新聞社発行のサンデー毎日1971年8月15日発行の緊急特別号の表紙に、「全日空機 散る」 との見出しと併せ、空中で自衛隊機と全日空機が接触し、機体が空中分解後に全日空機が白いジェット燃料の白煙を曳きながら墜落してゆく瞬間の写真が掲載されている。 偶然近くの青森県上空を飛行していた東亜国内航空114便パイロットや、花巻上空を飛行していた全日空61便のパイロットが、58便からの状況を把握できず混乱した通信を傍受していたが、それもすぐに途絶えてしまった[2]。なお、操縦士らは地面に激突して大破した機首の中で発見された。また機体が空中分解したため、事件現場の近傍で働いていたり通行していた者は後年の番組等で「音がして外を見たら、(胡麻)粒のようなものが落ちていた」と語った。乗客たちは安庭小学校のある西安庭地区を中心とした雫石町内の各地に58便の残骸とともに落下し、極めて凄惨な状況で発見された。この際、落下した旅客機の車輪の残骸が民家の屋根を貫通し、当時81歳の住民の女性が負傷した[2]。
墜落の衝撃による火災はなかったため比較的早く犠牲者の身元が判明したが、遺体は高速で地上に叩き付けられため、極めて凄惨な状況を呈していたという[2]。
(引用終わり)


 1971年というから、私が13歳のときである。当時のテレビでの報道くらいしか記憶にはないはずなのだが、5000メートル上空で飛行機が空中分解して、そこから地上に落下して全員が死亡して……その遺体の悲惨な状態についての報道は、耳が記憶している。

 日本各地を車で、あるいは列車や飛行機で旅するようになっても、絶対に、この雫石地方には足を向けたいとは思わなかったし、その近くにある「小岩井農場」についても行くつもりはなかった。
 しかし、何かとウワサの多い「慰霊の森」に行くわけではない。
 それに、盛岡のホテルには泊まりたいと思わせるようなところは皆無である。
 ならば、ヤフートラベルで選択することのできるこの雫石プリンスホテルに行くしか、なかった。
 夏油温泉から降りてきて、県道13号線を北上し(NHKFMで、ゴスペラーズのナントカ)、途中でガソリンを入れ夜食の弁当をコンビニで買い(当日予約したので夕食を予約することはできず、朝食のみ頼んでいた)、国道46号線に入った。
 秋田市と盛岡市を結ぶこの国道46号線はとても混雑していた。後で調べて判ったけれども、秋田と盛岡は走行距離でたった110キロしか離れていないのである。札幌と旭川(120キロ)よりも近い。
 秋田・盛岡のどちらにも、少なくとも10回以上は来ていたけれども、その2つの都市の間に存在している雫石という<噂のスポット>に足を踏み入れるのは、今回が生まれて初めてのことだった。....そして、もう2度と行くことはないだろう。


http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20151018_1

慰霊の森で悪ふざけ動画 雫石・全日空機事故現場
岩手日報 2015年10月18日   
 動画配信サービスのツイットキャスティングで、県外の男性らが12日夜~13日未明に、雫石町西安庭の慰霊の森で悪ふざけをしている動画を生中継で配信していたことが分かった。慰霊の森は、乗客乗員162人が犠牲になった1971年の全日空機衝突事故現場。犠牲者を冒とくする行為に遺族は激怒している。
 同サービスの利用者は1千万人超。今回の動画は複数の男性が盛岡市のJR盛岡駅から慰霊の森を訪れる様子を配信している。
 録画された一部は現在もインターネットで閲覧でき、派手な衣装を着た1人の男性が「ハロウィーン企画でふざけ倒す」「笑える心霊配信」などと発言。閲覧者によると、アイドルの曲を大音量で流したり、慰霊碑の前でろうそくを片手に「ハッピーハロウィーン」と言うなどしていた。
 盛岡西署は配信当日、男性らを2度職務質問したが、違法行為がないことを確認。町が13日に現地を確認したところ、落書きなどの被害はなかった。(引用終わり)



 ホテルの7階の部屋だった。部屋にはいったときには既に外は薄暗くなってきていたけれども、岩手山の輪郭ぐらいは見ることができた。

 テレビを見ながらコンビニ弁当を部屋で食べてから、1階にある温泉露店風呂に入る。ここは「内風呂」は無く、露天の大きな風呂のみである。幸い、中国人団体客やコリアン団体客はその日はいなかったようで、落ち着いて風呂に入ることができた。もっとも、コリアン文字の張り紙を見かけたから、普段はコリアン団体客も少なくないのだろう。
 ロビーの椅子に座ってスマホをやっている宿泊客が何人かいた。部屋ではWi-Fiが使えないという不便なホテルなのだから、こんなところでやるしかないのだろう。
 もっともLTEは部屋で使うことができる。ホテルの目の前に広がっているゴルフ場の客が、コースでも携帯電話を存分に使えるように携帯電話会社が電波塔を近くに建てているからなのだろう。

 ツィンの部屋のベッドのうちの窓側のものに横になる。窓は壁一面のもの。部屋のドアの灯りのみ残しているので、その光を受けて壁一面の闇が広がっているのが見える。

 カーテンはしない。
 何か、不気味なものを感じるのである。
 カーテンをしたなら、窓の向こうに影が――人の顔が浮かんでいるような、そんな「妄想」に囚われて、カーテンを閉めることができない。
 雫石の上空に、青黒い蝶がユラユラと飛んでいて、カーテンを閉めるとそれが一斉に窓ガラスに吸い寄せられるようにして、ガラスの向こう側にとまる。すると、蝶は一瞬にして人の顔に変わる。墜落事故で死んだ160人あまりの人の顔が、窓いっぱいにある、ような、そんな幻想が頭から離れない。
 去年は日航ジャンボ機墜落の現場を歩いた。本当はまだ現地は開放されておらず、そのことを知らないでたった一人であちこち山肌を歩いたのだけれども(遺体の見つかった場所ごとに木札が立てられていたりした)、少しも、恐ろしい、とか、不気味だ、とかといった気持にはならなかった。
 ところが、慰霊の森から数キロ離れているというのに、このホテルの7階の窓から外の漆黒の空を見やっていると、それだけで「なんとなく寒気」がしてきたのである。
 要するに、私にとってはやはり、雫石、というのは「合わない」のだろう。これまで「本能的に避けてきた」というのは、こういうことがあるのを予見していたからなのだろう。東北のどこを歩いても「寒気」など感じはしなかった、川倉賽の河原であろうと恐山であろうと、2万数千人があっというまに命を落とした津波沿岸地域であろうと。しかし、矢張り、この雫石、だけは異なっていた。
 全日空機衝突墜落事故に関する誰かの記事(ネット記事?)のヒトコトが忘れられない。
「(死亡した162人の)彼らは、自分たちが死んだことを知らずにさまよっている……」
 とかなんとか。
 They don't know that they are already dead....and that's why they are still wondering in the dark air....in the form of butterflies ?

 死者と蝶を結びつけるイメージ・妄想が頭から離れないのは、先日読んだ宮下規久朗の本のせいもあるし、この夜の2日前、山形県立博物館で偶然見た・見てしまった、蝶と蛾の展覧会の影響もあっただろう。

 私の記憶が正しければ、こうした蝶の標本は、生きている蝶に防腐剤を注入し、血液・体液が生きている蝶の力で全身に運ばれることによって防腐剤も全身に浸透し、腐らない標本となる、はずだったと思う。そうすることによって、翅のすみずみにまで防腐剤が行きわたり、永遠に色と形を失わないようになる。
 つまり、標本箱の中で輝いているこれらの蝶は、自分が死んでいることを知らないのである、あっという間に気を失い、地上に落ちて肉体を失った事故機の百数十人の乗客たちと同じように。


 ベッドに横になって、寝惚け眼で窓を・壁一面の黒い外の闇を見る。窓には何も張り付いたりなどしてはいない。
 寝返りをうち、窓に背を向ける。
 すると、不思議な「感覚」がヒタヒタと身体に染みてくる。
 漆黒の闇の空から、青黒い蝶たちがヒラヒラと降りてきて、壁一面のガラス窓にとまり、次の瞬間には白い顔に変わる。百数十もの顔が、びっしりとガラス壁に張り付き、じっとこちらを見ている。
 水木しげるか楳図かずおの世界である、つげ義春の世界ではない。
 何か不安になり、意を決して寝返りをうち、窓を見る。
 そこには、もちろん、百数十もの顔などは、ない....ただ、一瞬にして消えてしまったという奇妙な確信めいたものを自分の心の中に発見するのみである。

 そうやって、窓を見つめたり、窓に背を向けたり、勇気を奮い立たせてまた寝返りをうち窓を見つめたり、そんなことを繰り返していて、なかなか寝付けなかった。
 体が冷え切ったので、風呂に入ろうと思い、部屋に置かれている手拭とバスタオルを持って、1階の風呂に降りる。外風呂(露天風呂)しかないのを忘れていた。裸になって、外に出ると、急に激しい悪寒に襲われ、身体がガクブル状態になった。風呂に浸かっても、そのガクブル状態は長く続いた。きっと、外気の冷たさで悪寒が急にやってきたのだろう、それ以外の理由はきっと存在しないのだろう。
 部屋に戻りベッドに横になる。
 窓を見つめたり、窓に背を向けたりを繰り返し、熟睡などほとんどできない状態で、夜明けを迎えた。 




 上の写真は、山形県立美術館でのもの。誰かが、
「蝶のコレクターという連中は例外なく変人である」
と言っていたけれども、私も全くその意見に賛成する。






 夜が明けてから外を見ると、空低くまで雲が下りていて、岩手山の姿も見えなかった。やがて時間が経つと、ゴルフ場には大勢のゴルファーがやってきて(この日は日曜日だった)、雲も流れ、岩手山の山容がはっきりと見られるようになった。写真だと迫力がないけれども、実際に目にする岩手山は目に迫ってくるような威容を誇っていた。


 朝、旅行中読み続けていた本の表紙を見て、どうして<蝶>が、強迫観念のように私に昨晩襲い続けていたのか、もう一つの理由を理解した。














Day-5の2 遠野 供養絵額 夏油温泉







Day-5の1 松居直美





 以下は松居直美のウィキより引用。

1986年末、温泉旅館で行われた芸能人忘年会の番組収録後、和田アキ子に不適切な言動の件で出演者一同の前で厳しく叱責された[注釈 3]


次のようなやりとりがあったという。「事務所どこ?」「…ゴールデンミュー…」「なに声が震えてんだよ!」「…」「その事務所の社長って?」「ホリプロさんに以前いました」「ってことは、あたしはあんたの」「大先輩です!」「だろ?だろ?…だぁろっ?!」「…」「そんな大先輩のあたしが、あんたみたいなのにタメ口叩かれる屈辱がわかるかよっ!!」「…(土下座)」


▲:コリアン粗暴女(和田アキ子)は日本人に因縁を付けて恫喝し、土下座させることを楽しんでいるのだろう。






 朝早く起きてしまい、やることもないのでテレビを付けた。偶然、『早く起きた朝は...』という番組を見る。この、3人の女性が話をする(だけの)番組、『おそく起きた朝は...』という番組名のときは、北海道でも放送していて時々見ていたのだけれども、いつの間にか北海道での放送はなくなり、まして時間帯が早くなって番組名まで変わっていた・けれども続いていた、などということを私は全く知らなかった。

 番組の途中から見たのだけれども、松居直美がとてもいい話をしていた。
 松居はかなり前に離婚して、独りで一人息子を育てている。息子は16歳になっている。
 16歳といえば、難しい時期である、男の子の成長にとって。女親には理解できないことも当然出てくるし、息子としても母親には理解してもらえないと思うこともあるだろう、まして父親というものが不在なのだから。内容はどういうものなのか知らないけれども、松居直美と息子が気難しい局面に陥り、息子の方から「今夜は一緒にいられないから、ボク、友達の家に泊まってくる」と言って家を出ていった。松居は仕方なくそれを許し、洗濯を始める。息子のシャツかズボンのポケットに、スイカカードがあるのに気付く。
 翌日、帰宅した息子と松居は話をする。「どこに泊まったの?」「友達のナニナニ君ところ」「その子のところ遠いのに、どうやって行ったの?」「スイカ使ってさ」「だって、スイカ、ポケットに入っていたよ」「……」
 ここで息子は言い逃れできなくなり、仕方なく、漫画喫茶というかネットカフェに一人で泊まったことを白状する。母親である松居とは、その日は気まずい雰囲気であり、どうしても家を出て一人になりたかった、と。
 ここで松居は突然泣き出す。
 息子は悪いことをした・嘘をついていた、ましてや母親を泣かせてしまったという後ろめたさから何も言えず前に突っ立っている。
 チャンス、とばかりに、松居は息子を抱きしめる。
 息子は抵抗しない、後ろめたさから。
 松居は、久しぶりに(何年ぶりに?)息子を思う存分抱き締めることのチャンスをやっと得たとばかりに、泣きながらも最高にハッピーな気分になる、だって、普段絶対に抱きしめさせてくれない(16歳の男の子なら当たり前だろうけれども)息子が、抵抗することもないので、母親である松居は腹を空かせた猫が餌を貪るように息子を・小さい頃は好きなだけ抱き締めさせてくれた息子を、やっと心ゆくまで抱き締めることができたからである。
 泣きながら松居は、「生まれてきてくれてありがとうね」と漏らす。

 で、親なら誰しもが、きっと、この時の松居直美の気持ちが痛いほどよく解ることだろう。





Day-4 定義温泉 極楽山西方寺 下道荘

仙台市いずみ墓苑






Day-3 地蔵倉 若松寺 山形市内のホテル




 肘折温泉、ゑびす屋。朝食も部屋に、例の主人が運んで来てくれた。
食事を終え、受付で宿代を払う。受付にいたのは、小太りの30歳くらいの男性。おそらく、雰囲気的に、宿の主人の息子なのだろう。
 この温泉の近くにある〈地蔵倉〉についてこの息子らしき人物に尋ねると、親切に説明してくれた。それで、省略せずに、行ってみることにした。
 瀬戸大橋の橋脚のある島に降りて行くときに使ったような螺旋橋。それを使って国道まで昇り、さらに数百メートル進むと地蔵倉の入り口があった。駐車場もないし、私以外の車も通らない。それはそうだろう、この国道458号線はその先で通行止めになっており(常時?)、寒河江方面には行けないことになっている。
 急な石段を登り、さらに登山道のような道や岩肌を直接掘り削った石段を25分ほど歩いてゆくと、地蔵の並ぶ地蔵倉に着いた。そこで写真を何枚か撮って、下山してゆくと、森の中にある岩の裂け目に、登ってくるときには気付かなかった祠(?)があるのが目に入った。
 子造り地蔵
 とあり、石仏が一体、そしてその傍に立派な男根の像が置かれていた。蒸ノ湯温泉の子造り神社でさんざんこの手の陽物像を見てきたので、驚きはしなかったけれども、この子造り地蔵のある場所は、集落のある場所からかなり山を登って来なければならないのである。
 何百年にも渡って、村の、子供のできない女たちが、ここまで、やっとの思いでやってきて、ここで子造り地蔵に子宝を祈ってきたのだろう、そう思った。
 子供ができるかできないかは、死活問題だろう、農家にとっては。それは端的に労働力を得ることができるかということであり、子供ができなければ嫁はそれこそ実家に戻されただろうし、そうなれば人生は悲惨なものとなったことだろう。子供に愛情を注ぐ云々の問題以前に、生活に直結する問題であり、それゆえ子供のいない女たちは必死になって祈っていたことだろう。
 その、女たちが祈り続けてきた場所に・鬱蒼とした森の中の地蔵像と陽物像の前に立ち、しばらく呆然としてその二つを私は見つめていた。




Day-2 小安峡 泥湯温泉 今神温泉 肘折温泉・恵比寿旅館



 今神温泉へと向かう途中の戸沢村。稲刈りが続いていた。田圃の横には墓があり、田圃で働いている農家の人たちが恐らくいつかは入るであろう墓を・祖父母や父母が既に入っているであろう墓を見ながら働いていた。




今熊野神社。


今熊野神社の脇から伸びる、恐らく昔は月山へと続いた(今神温泉経由で)登山道。

今熊野神社(戸沢村)のウィキより引用
由来
創建は、神亀元年(724年)であるとされる。マタギの早坂新九郎が風雪の中を熊を追いかけていった先で、今神温泉の湯煙を発見し、その中に三尊の権現を発見した。新九郎は、それに感じ入って頭を丸め、磯辺万九郎とともに長倉に「熊野大権現」を建立し、法師となって三尊を祀ったのが始まりであるという。
角川は、出羽三山の月山へと登拝する登山道、「角川口」があったといわれ、当神社はその入口にあたり、当神社で道中の無事を祈願してから、4km先の今神温泉に向かい、読経をしつつ湯垢離をして精進潔斎し、御池、今熊山、高倉山を巡って月山に到ったという。
(引用終わり)





 写真は、『つげ義春の温泉』(ちくま文庫)より引用。 1969年当時の今神温泉の様子。


つげ義春コレクション 苦節十年記 より引用

P75~
 秘湯という名称は、おそらく今神温泉のような所にふさわしいのではないかと思う。不吉な形でそびえる今熊山麓の原生林の中にあり、組立式の湯小屋が四棟あるだけで、あとは何もない所である。電気もない、営業も六月から九月までで、経営者は山を下るときに小屋を解体してしまうというから、今神温泉はコツ然と消えてしまうわけだ。
 これまで今神温泉へ行くには、バスの終点から三時間も山道を歩かなければならなかったが、最近はダム建設のための工事用道路ができ、タクシーを利用すると徒歩区間は三十分に短縮される。三十分といってもかなりの急坂で、道らしい道もないのでうっかりすると迷う恐れもある。
 大正の初期の今神温泉は、レプラの湯といわれ、専用の浴舎もあったそうで、難治の病は必然と、神様仏様にすがることになる、と解してよいものかどうか、今神の浴場には、神仏混淆の今熊大権現がまつられ、浴場そのものが祠になっていた。
 入浴する者は神の湯を汚さぬ意味もあって腰に白布を巻いてはいり、ロウソクをお湯で濡らしてから灯明をあげるしきたりになっている。そして、
「南無帰命頂礼懺悔懺愧、六根清浄今熊三所大権現霊地礼拝」
「あやにあやに、くすしくとうときいまくまの、かみのみまえをおろがみまつる」
 と壁に書かれてある聖句を七唱する。
 あとはひたすら、「ナムアミダブツ」を唱えるのだが、これを大勢の浴客が灯明だけの薄暗い湯船につかりながら合唱する光景は無気味である。
 この神の湯に四、五日もはいっていると、全身にアセモのような発疹が現れ、次第に膿をもつようになる。それが破れると「花ざかり」と呼ぶそうだが、全身から毒素をぬいて難病を根治しようという治療は、なるほど効きめがあるように思える。
 今神には、神の湯のほかに神の池といわれる「御池」も近くにあって、そこの景色はこの世のものとは思えない。池のへりには数十本の灯明が並び、どんよりとたれこめる霧を透かして見る太陽は、昼の月のように白っぽく輝きがない。そして鬱蒼と繁る草むらには、葉の一枚一枚にビッシリとカエルが張りつき、巨大なトンボ(これはちかく保護指定される)が飛びかう水面には蓮の葉と花が浮び、他の底には真黒な絨毯を敷いたように無数のイモリが棲息しているという異様さである。
 信心深い老人の話では、そのイモリの腹には“南無阿弥陀仏”の文字があり、仏の使いだという。神の他に仏の使いはおかしいが、神仏混淆だから少しもおかしくないといっていた。
 それにしても、イモリの腹に南無阿弥陀仏は信じられないので、お他で一匹捕えてみると、ごく普通のイモリにみられる赤いまだらがあるだけだった。信心深い人にはそのまだらが南無阿弥陀仏に見えるのかもしれない。
 いずれにしても、お池に灯明をあげ礼拝をする人をみると、少し大袈裟に思えなくもないが、原初の信仰が自然への畏敬から発生したものとするならば、こういう異様な景色のまえでは、敬虔な気持ちになるのもうなずけなくもない。
 今神温泉は信仰と一体となっているので、夏油温泉のような陽気なムードはないが、それでも朝早くから渓流のそばでは数人のおばあさんが踊っていた。

Day-1 蒸ノ湯温泉 秋田県の温泉に泊まる

 今回の旅行で、どこよりも真っ先に訪れたかったのが蒸ノ湯温泉である。
 つげ義春の旅行記を読み直し、ここで彼が見た父娘の姿が心に焼き付いていたので、絶対にここに行く必要があった。
 去年もこの温泉の前を、正確には温泉から500メートルほど離れた県道を走っている、Nと一緒に八幡平を抜けて玉川温泉に宿泊したときに。しかしその時は、蒸ノ湯温泉についてつげ義春が何か書いていたな、と思うくらいで通り過ぎてしまった。

つげ義春コレクション 苦節十年記より引用

P70~
 八幡平の蒸ノ湯は、ぼくは三年ほど前にも一度来ており、そのときの印象では、付近のやけただれた地肌や泥火山、大噴湯などの火山現象を眺め、荒涼とした地獄の様相を見る思いだった。地の果て、旅路の果てとはこういう所のことをいうのだろうと思った。そういう印象をえたのは、紅葉も散った霜柱の立つ秋の終りだったせいか、ぼくの気分のせいだったのかもしれない(中略)
 蒸ノ湯には、オンドル式という一風変った湯治法があり、粗末な杉皮ぶきの馬小屋のような浴舎が数棟並び、そこで行なわれている。小屋の中は薄暗く、床も畳もない土間だけで、そこにムシロを敷いて横になると、地面の熱と噴上がる蒸気に蒸されるという具合である。そこがそのまま宿泊所でもあるわけで、間仕切りがないので互いにすぐ親しくなるそうだ。
 そしてここにはいたる所に週刊誌が散らばっていた。おそらく退屈をまぎらわすためのものと思うが、老人はどんな種類の週刊誌を読むのか見てみると、意外にもマンガが多かった。ぼくはこれまで老人はマンガを読まないものと思いこんでいたので、納得がいかないというより、マンガの読者層の広さに改めて感心してしまった。
 四、五歳の男の子の病気を治しに来ているという若い母親は、偶然、ぼくのマンガを再掲載している週刊誌を開いて、「もっきり屋の少女」を読んでいた。その本にはもう一本「李さん一家」というのも掲載されていてその二作とも、作中の主人公は作者の分身のようなかたちになっているのだが、なにかのはずみで、ぼくが作者であることが知れると、その母親はマジマジとぼくの顔をみつめて、――マンガの人物と少しも似ていないではないか……あんたは本当にこんなボロ家に住んでいるのか……それにしても、なぜこんな湯治場に来ているのか――というようなことをいって俯に落ちない様子だった。そして、「あんたのマンガはエロッポイね」という感想をいわれた。
 その若い母親は、子供の病気を治すために、近くの池からソーセージの餌でイモリを釣ってきて、ビン詰の酢漬をつくっていた。イモリを酢で溶かすと効きめがあるということだが、子供はどんな病気なのか、聞いてはいけないような気がしたので聞かないことにした。
 蒸ノ湯にはオンドル式のほかに普通の浴場もあり、「子宝の湯」と呼ばれる浴場には木製の陽物神が湯船に浮いている。これは子授けの神として近くの祠に祀られている金勢大明神のご神体だそうだが、この前訪れたとき、その子宝の湯に七十歳くらいの背の高いおじいさんと、その娘さんである三十歳くらいの女性が一緒に入浴をしていた。
 二人を親娘と判定したのは、ちょうどぼくと一緒の小屋に泊っていて、二人の会話から察すると、娘さんは子供ができないらしく、嫁いだ先から実家に帰されたようで、それで父親に連れられて子宝に特効のある子宝の湯で療治しているらしかったが……。

 その娘さんは浴槽のふちにきちんとすわり、おじいさんは桶でお湯をすくい、「ハッペッタン」「ソレペッタン」とかけ声をかけながら娘さんの腰のあたりにお湯を叩きつけていた。そのときは、ぼくはオンドル小屋に一泊しただけで湯あたりをしてしまったので、今回は用心をして、普通の旅館のほうに泊った。




●ウィキより 蒸ノ湯温泉
歴史[編集]
宝永年間の開湯と言われる。かつては湯治場も存在したが、昭和48年(1973年)の土砂崩れ災害で崩壊し、現在は存在しない。
昭和34年9月3日、蒸ノ湯温泉を含む八幡平温泉郷を国民保養温泉地に指定。
関連項目[編集]

つげ義春 - 1967年秋に蒸ノ湯温泉のオンドル式浴場を訪れ、その時の体験を翌1968年4月の短編漫画『オンドル小屋』に描いている。

Day-0 苫小牧東港

 東港のそばにコンビニがあると思って走ってみたけど、街どころか家の一軒すら見あたらず。ナビで調べると、最も近いコンビニは約10キロ先だった。買い物を諦めた。

 苫小牧東港を出るフェリーを利用するときは、今度から気を付けて、あらかじめ途中のコンビニであれこれ買って行くことにしよう、と思ったけれども……秋田港に午前7時半に到着し、フェリーから降りるのは45分頃。そうなると、秋田市の朝の交通渋滞に嵌まり込んでしまうことを経験した。二度とこのフェリーは使わないようにしようと思った。使うことがあったとしても、到着後、港で1時間くらい時間を潰してから移動した方がいいだろう。




東北紀行 2015年旅行

 今朝、早朝、札幌に戻ってきた。

12日(月) 苫小牧東港から秋田に向けて出発

13日(火) 7時30分 秋田港 渋滞 蒸ノ湯温泉(入浴) 後生掛温泉(見物) 玉川温泉ビジターセンター 秋田県美郷町千畑温泉・サンアール
14日(水) 小安峡 泥湯温泉(見物) 川原毛地獄 今神温泉(入り口まで) 肘折温泉ゑびす屋宿泊
15日(木) 真下慶治記念美術館 若松寺・ムカサリ絵 山寺・後藤美術館 山形県立博物館 市立病院済生館 山形グランドホテル泊
16日(金) 霞城セントラル 山形美術館 定義温泉(入り口まで) 南三陸町民宿下道荘泊
17日(土) 松居直美(『はやく起きた朝は』) 遠野・五百羅漢 供養絵額 夏油温泉(入浴) 雫石プリンスホテル
18日(日) 岩手県立美術館(松田松雄展) 岩手県立博物館(火山灰と社会展) 十和田美術館 谷地温泉(入浴) 五所川原サンルートホテル泊
19日(月) 川倉地蔵尊(賽の河原) つがる市・化粧地蔵再訪 鶴田町の木橋 白神山地散策 白神温泉
20日(火) 小林多喜二生誕石碑 医者のいつかない上小阿仁村見物 秋田労災病院 大湯環状列石 尾去沢鉱山 大坊温泉
21日(水) 青森郷土館 六ヶ所村核燃再処理施設 六ヶ所村郷土館 恐山温泉(宿坊)泊
22日(木) 尻屋崎・寒立馬 リサイクル核燃貯蔵 大間原発(建設中) 大間から函館へ 函館泊
23日(金) 午前3時前に出発し、7時過ぎに札幌に到着 ニセコはマイナス3度だった

秋田 1泊 山形 2泊 宮城 1泊 岩手 1泊 青森 4泊
総走行距離約2400キロ(最終日の函館札幌間を含む)

旅に出て 夢まぼろしに 身を染ませ


死にもせず アクセル踏んで 舌鼓 やがて消え去る 五感と己


iPhoneで 宿をクリック 明日を決め iPhone聴いて 眠りにおちる

2015年10月24日土曜日

気になったニュース

油まき逮捕状の男の旅券、外務省が失効させる
2015年10月23日 11時49分
 千葉県香取市の香取神宮の柱などに油をまいたとして、千葉県警が4月に建造物損壊容疑で逮捕状を取った米国在住の日本人の男(53)に対し、外務省が男の旅券を失効させたことが分かった。
 23日、官報に公示された。失効は14日付。
 外務省は男に対して9月10日に旅券返納命令を出し、今月14日までの返納を求めていたが、男は応じなかった。捜査関係者によると、男は米国永住権を得ているとみられ、旅券が失効しても直ちに帰国する必要はないが、第三国への渡航はできなくなる。
▲:この男が、コリアン系であり、日本に帰化したコリアン系日本人であることは週刊誌で報道されている。なぜ多くの神社に油を撒いているかも週刊誌で報道されていたが、大手メディアは全く報道しない。



麻薬に依存状態で治療…医師に懲役3年実刑判決

2015年10月23日 10時25分
 医療用麻薬を自身に使ったなどとして、麻薬取締法違反(使用、所持)に問われた元八雲町立八雲総合病院医師、阿部正幸被告(55)(札幌市中央区)に対し、函館地裁は22日、懲役3年(求刑・懲役4年)の判決を言い渡した。
 佐藤卓生裁判官は「麻薬に依存した状態で治療に当たったと認められ、悪質だ」と述べた。阿部被告は、即日控訴した。
 判決によると、阿部被告は今年6月上旬から12日の間、医療用麻薬のモルヒネやフェンタニルを自らの体に使用したほか、当時の八雲町の自宅などにこれらを含む液体を所持した。
 佐藤裁判官は「社会的制裁を受けたことを考慮しても実刑に処することが必要」と指摘した。



対馬仏像窃盗 韓国籍の男に懲役3年判決

2015年10月09日
 対馬市の寺から市指定有形文化財の仏像などが盗まれた事件で、窃盗罪などに問われた韓国籍の自称カラオケ店経営、朴奉緒パクボンソ被告(43)の判決が8日、長崎地裁であり、宮本聡裁判長は「犯行計画に当初は関与しておらず、共犯者らより刑事責任は軽い」などとして、懲役3年(求刑・懲役6年)の実刑判決を言い渡した。
 判決によると、朴被告は昨年11月24日、韓国籍の男4人(窃盗罪などで懲役2年6月~6年の実刑判決)らと共謀して、同市の梅林寺の文化財保管庫に侵入し、銅製仏像と大般若経360巻(計約1億1000万円相当)を盗みだし、港の税関検査場で申告せずに韓国へと持ち出そうとした。



慰霊の森で悪ふざけ動画 雫石・全日空機事故現場

岩手日報
 動画配信サービスのツイットキャスティングで、県外の男性らが12日夜~13日未明に、雫石町西安庭の慰霊の森で悪ふざけをしている動画を生中継で配信していたことが分かった。慰霊の森は、乗客乗員162人が犠牲になった1971年の全日空機衝突事故現場。犠牲者を冒とくする行為に遺族は激怒している。
 同サービスの利用者は1千万人超。今回の動画は複数の男性が盛岡市のJR盛岡駅から慰霊の森を訪れる様子を配信している。
 録画された一部は現在もインターネットで閲覧でき、派手な衣装を着た1人の男性が「ハロウィーン企画でふざけ倒す」「笑える心霊配信」などと発言。閲覧者によると、アイドルの曲を大音量で流したり、慰霊碑の前でろうそくを片手に「ハッピーハロウィーン」と言うなどしていた。
 盛岡西署は配信当日、男性らを2度職務質問したが、違法行為がないことを確認。町が13日に現地を確認したところ、落書きなどの被害はなかった。
(2015/10/18)



JR北海道社員、落とし物詐取 社内検索システム悪用
10/24 06:30 北海道新聞
 JR北海道は23日、鉄道事業本部のコールセンターに勤務する男性社員(44)が、落とし物の情報を集約する遺失物管理システムを悪用し、JR札幌駅に保管されていた腕時計の落とし物をだまし取っていたと発表した。JRは男性社員の懲戒免職処分や札幌北署への告訴を検討している。
 JR北海道によると、男性社員は勤務時間中の19日午後、札幌駅の「お忘れものセンター」を訪れ、腕時計を自分が落としたと装い、だまし取ったとされる。
 ただ同センターの係員の1人は、男性社員が昨年も現金数万円入りの財布の落とし物を引き取っていたことに気付いた。この係員は、札幌中央署の警察官が拾得物の詐取容疑で逮捕されたテレビニュースを見ていたことから不審に思い、上司に相談して発覚した。

 男性社員はJRの調査に対し、財布やIC乗車券数枚をだまし取ったと認めた。腕時計は15日に列車内で拾われたもので、男性社員は遺失物管理システムを閲覧し、拾われた状況を把握していた。「腕時計に興味があったが、小遣いが少なかった。仕事の悩みもあった」と話しているという。
▲:腐りきったJR北海道の、これが<通常運転>。



2015年10月11日日曜日

今日は藻岩山登山 交通事故 ついでに薄汚い原辰徳

 札幌の場合、目の前に藻岩山があるので、「登山飢餓」に陥ってもすぐに解決ができる。登り1時間半ほどのものだけれども、十分に登山気分は味わうことができる。
 というわけで、風邪もだいぶよくなった私は、今朝、藻岩山に登ってきた。
 8時過ぎに、藻岩に向けて走っていると、何台ものパトカーや警察のワンボックスカー。
 見ると、運転席のドアが大きく陥没したエステマ、そしてもう一台の事故車。
 こんなところでこんな激しい事故が起きるなんて……。
 ケガ人が出ているのかはわからなかったが、出ているとしたら救急車で運ばれたのだろう。
 事故には注意しよう、と思いながら写真を2枚撮った。

 今日は日本ハムと阪神が勝ったけれども、増井にしても福原にしても、ハラハラの「抑えっぷり」だった。

 ハラ、と言えば、暴力団関係者に1億円払ってセックススキャンダルを揉み消した原辰徳が、いよいよ監督をクビ、という噂が流れているけれども、一日でも早くこの男の顔がテレビに映らないようになって欲しいものである。




福田、笠原だけでは済まない平成の“黒い霧”相関図 大物OBと元G主力選手に重大関心

2015.10.09 zakzak
 球界の盟主を震源とする平成の“黒い霧”は球界全体へと広がる勢いだ。日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナー(73)は7日、調査委員会が巨人・福田聡志投手(32)が関与した野球賭博の全容を解明するべく本人、賭けを持ちかけた男性A氏、両者を仲介した同僚の笠原将生投手(24)らを徹底調査することを改めて強調。球団全体へのヒアリングを実行中の巨人に続きソフトバンク、中日なども調査に踏み切ったが、A氏が球界人脈に連なるきっかけとなった大物OBと、A氏と笠原をつないだ元巨人主力選手に重大関心が寄せられている。
 野球賭博の負け分、百数十万円を福田から取り立てるため、9月30日にA氏が川崎市・ジャイアンツ球場に現れたことから露見した今回の不祥事。巨人は5日の会見までに把握した事実として、A氏の素性を「税理士法人勤務」で「笠原の友人の知り合い」としている。野球賭博といえば暴力団の資金源だが、反社会勢力との関連情報は「今のところない」とも説明している。
 会見の中身が現場サイドに伝わると、複数の関係者から「ひょっとしてA氏ってアイツじゃないのか」とあがった名前があった。笠原との仲のよさ、そして裏社会との関わりが、チーム内で広く知られていたかつての主力選手。功労者でありながら数年前に球団を追われるように退団したのも、紳士の球団にふさわしくない交友関係が問題視されたためだという。
 そんな疑惑の目を集めた元主力選手は、実際にはA氏本人ではなく、A氏を笠原に紹介した「笠原の友人」だという。現役引退後は都内の繁華街で飲食店の経営に関わり、古巣の選手たちも頻繁に利用していた。「経営がうまくいかず、本人は経営から手を引いたらしい」(球界関係者)との情報もあるが、球団はこの店が選手とA氏の接点になったとの見方を強め、元主力選手の責任を追及するとともに、この店の周辺の調査を急いでいる。
 元主力選手と「知り合い」のA氏もまた、プロ野球の世界の水を飲んだ経験を持つ。古巣球団の監督候補に名前があがるほどの大物OBと「数年前までビジネスパートナーの関係で、行動をともにしていた」(球界関係者)。この時期に培った球界の人脈と、何よりも大物OBの威光が元主力選手や笠原とのパイプに発展し、福田を信用させる材料となった可能性は十分に考えられる。事態を問題視した古巣球団は、近日中にも大物OBから事情を聴く構えだ。
 複雑怪奇に張り巡らされた球界の裏人脈は、福田の告発から端を発した疑惑が、芋づる式に広がる危険性をはらんでいる。NPBには巨人のクライマックスシリーズ(CS)出場辞退を求める意見が寄せられているが、CS出場権を持つ他球団にも飛び火すれば、ポストシーズンゲームの開催自体が立ちゆかなくなる恐れがある。

巨人賭博のキーパーソン“球界大物OB”を直撃 「A氏を運転手として雇ったことない」
2015.10.10 zakzak
 巨人・福田聡志投手(32)が関与した野球賭博問題で、阪神とソフトバンクは8日、球団全体へ聞き取り調査を開始。日本プロ野球名球会も同日に都内で開いた会見で、会員たちが口々に危機感を表明した。そんな中、夕刊フジは福田に賭けを持ちかけた男性A氏と数年前までビジネスパートナーの関係にあり、運転手役を任せていたともいわれ、全容解明への“キーパーソンの1人”とされる球界大物OBを直撃した。
 日米通算200勝、250セーブ以上の投手、同2000安打以上の打者に入会資格がある名球会。レジェンドたちにとっても、福田の賭博問題は対岸の火事ではない。
 東尾修氏は1969年に西鉄(現西武)入りしたが、同年オフに発覚した「黒い霧事件」でチームの主力投手らが永久出場停止などの処分を受けたため、入団2年目から大車輪の働きを強いられた経緯がある。
 「プロ2年目に当時の西鉄を目の当たりにしている。非常に厳しい状況だった。今の状況は詳しく分かりませんが、これからが大変だと思います」と表情を曇らせた。立浪和義氏は「本当はそういうことはないことが一番。そういうことが出れば野球界にマイナスイメージになる。早く解決してもらえればいい」と語った。

 佐々木主浩氏にとって福田は東北福祉大の後輩にあたる。「ちょっとショック。球界はこれから入ってくる若い選手にも、教育していかないといけない」と語気を強めた。

 3人の理事が危機感を漂わせた中、夕刊フジはかつて所属した球団の監督候補にあがり、福田に賭けを持ちかけたA氏と行動を共にしていたとされる大物OBを直撃した。
 --A氏に運転手役を任せていたといわれるが
 「いや、僕が運転手として雇ったことは1度もない。(周囲から)そういわれるけど、もちろん知り合いではあったけれど、仕事を通じて知り合ったんですけど、僕の運転手とか書かれるのは困る」
 --現在は接触していないのか
 「そうです、はい。ホント困っているんです。また(自分の)名前を出されたらイヤだなと思って」
 --現時点で実名は報じられていない
 「当然(A氏が)巨人の選手と知り合った経緯も、僕が紹介したわけではない。勝手に知り合っている。僕がどうのこうのいわれても困る。そうやって名前を出されたら、一緒に(賭博を)やっていたんじゃないかとか思われるじゃないですか」
 大物OBは困惑気味の表情で、騒動との関わりを否定した。公にA氏の素性が明らかにされないまま、球界にはさまざまな情報が飛び交い、いつ爆発するとも知れない緊迫感に包まれている。

▲:1億円を払うことによって暴力団と繋がった原辰徳を排除できなかった巨人・読売メディアは、薄汚さという面では文句なく日本一と言える。

 で、この怪しい<大物OB>って、誰のことなんだろう?

参照

http://goldbook.ashita-sanuki.jp/e565809.html


問題

 大泉洋 原辰徳 東国原英夫 この3人の共通点は?


 もと愛人・恋人・ホステスたちに、特殊な性行為を好む癖があることを暴露された、という共通点。全部雑誌などの記事に出ている。












2015年10月10日土曜日

気になったニュース コリアン食品偽装・日本人が病気になってやっと判明

2015.10.9 18:58 産経新聞
「韓国産」を「愛媛産」に 回転すし店チェーンの銚子丸が産地誤表記
 1都3県で回転すし店チェーンを展開する銚子丸(千葉市)は9日までに、同社の回転すし店「すし銚子丸」の全88店舗で韓国産ヒラメを「愛媛県産」と表記していたと発表した。
 誤表記をしていたのは、9月27日~10月5日。同社によると、納入業者がこれまでの国内産ヒラメではなく韓国産を納品したのに、同社に伝えず、「愛媛県産」などと書かれた箱で納品したため、そのままメニューに表記した。
 東京都江戸川区の「すし銚子丸南小岩店」で食事をした客から5日に「腹痛になった」と苦情があり、提供した食品を詳しく調べたところ誤表記がわかった。


2015.10.9 14:50 産経新聞
「主治医からセクハラ」 患者女性、慈恵医大医師を提訴 損害賠償求め東京地裁に
 東京慈恵会医科大学付属病院に通院していた都内の会社員女性(42)が、主治医の男性医師に不要に体を触られたり、食事に誘われ無理やりキスされたりするセクハラを受けたとして9日、男性医師と同大を相手取り、計880万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状によると、女性は慢性的な体の痛みの治療のため、平成20年から同病院に通院。23年から男性医師が主治医となり、女性は針治療などを受けた。主治医の治療で症状は改善した一方、主治医は「君の症状は僕しか治せない」「僕に逆らうと通院できなくなる」などと女性に話した。
 その後、女性の携帯電話に主治医から食事に誘うメールなどが届くようになった。断って主治医の治療を受けられなくなることを恐れた女性が食事に行くと、抱きつかれてキスされたり胸などを触られたりした。女性は計3回主治医と食事に行き、3回とも同様のセクハラを受けた。女性は主治医を変更したが、不眠などの抑鬱症状が出て、社会生活に影響が出た、としている。
 女性は同日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「医師と患者の立場を悪用され、女性としての尊厳が踏みにじられた」と話した。
 慈恵医大は「訴状を見ておらずコメントは控える。速やかに事実関係を確認する」としている。



2015.10.5 11:56 産経新聞
「セクハラ原因で自殺」訴訟、サイゼリヤが棄却求める 副店長「恋愛関係だった」と責任否定
 ファミリーレストランのサイゼリヤで働いていた20代の女性が自殺したのは副店長だった男性のセクハラが原因だとして、両親らが同社と男性らに計約1億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、東京地裁で開かれ、同社は請求棄却を求めた。
 関係者によると、男性は「恋愛関係だった」と法的な責任を否定し、同社は詳しい主張をしていない。
 両親の訴えによると、関東地方の店で働いていた女性は、昨年3月から副店長に抱きつかれるなどのセクハラを受け続け、同12月に自殺した。会社に対しては、こうしたセクハラを放置したと主張している。
▲:サイゼリヤセクハラ自殺は報道されているのに、北海道新聞セクハラ自殺追い込み事件が報道されない腐敗ぶり。


慰安婦問題解決を=日韓関係改善促す―米国務副長官
時事通信 10月7日(水)19時46分配信
 【ソウル時事】ブリンケン米国務副長官は7日、ソウルで講演し、日韓間の懸案である従軍慰安婦問題について「甚だしい人権侵害だ。今後(日韓の)対話を通じ、双方が同意できる恒久的な解決策が見いだされることを願う」と強調した。
 また「日本が村山、河野談話を継承すると言っていることに注目する必要がある」と指摘。慰安婦問題を解決し「(過去よりも)現在、未来に焦点を当てることが重要だ」と日韓関係改善を促した。
 一方、日本の安全保障法制に関しては「日本が国際的により多くの責任を果たそうとすることを支持する。平和維持や災害救助などで米軍が柔軟に対応できるようになる」と意義を強調した。




今朝の<性奴隷セクハラ自殺追い込み新聞@北海道新聞> から


 9月10日に札幌医科大学で、安藤忠雄が講演会、か。

 当時も、国立競技場問題で日本国民に向かって誠実に説明すべきこの男は、講演料を貰うため(?)、北海道までやってきてクダラナイ話に時間を潰していた、というわけである。

 安藤忠雄 パソナ接待所 自衛隊情報 ベネッセ


 一方、札幌医科大学理事長・学長の島本和明は、旧社会党国会議員・島本虎三の息子である。小樽出身。小樽といえば、労働組合活動が「過激」なところである。何しろ、自民党国会議員であった箕輪登(北大医専卒・医専とは主に軍医急造のためのもので医学部とは別のもの)が、9条運動をしていたような土地柄である。

 以下はウィキ、箕輪登より引用。
自衛隊イラク派遣反対運動[編集]

箕輪は防衛政務次官経験者であり、安全保障面ではタカ派であったが[要出典]、2004年に自衛隊のイラクへの派遣に反対する運動に参加し、国を相手取り札幌地裁に提訴する(自衛隊イラク派兵差止北海道訴訟)[2]。2005年3月28日に提訴された二次訴訟の原告には、日本社会党代議士だった竹村泰子、日本共産党代議士だった児玉健次、市民運動活動家の花崎皋平ら、様々な政治的立場の人物が加わっている[3]。箕輪自身も訴訟への賛同者を募るため、精力的に全国各地へ赴き、講演・執筆活動を行なっていた。イラク日本人人質事件では、自身を身代わりにして人質を解放するよう、犯人グループに呼びかける声明を発表した[4]。また、福田康夫内閣官房長官(当時)らが主張した「自己責任論」に反論し、人質の日本人3名を擁護した[5]。箕輪の死後、2007年11月19日に札幌地裁は原告の訴えを退ける判決が下したが[6]、原告側は札幌高裁に控訴した。(引用終わり)

 この箕輪登は、2006年に札幌医大病院で死去(82歳)しているが、その時の主治医が「小樽つながりで」島本和明教授だったかどうかは、不明である。


 以下はウィキより島本虎三の項目から引用。
1946年、結成されたばかりの小樽郵便局労働組合執行委員となり、続いて小樽全官公庁労働組合協議会の初代議長に選ばれた[1]。
1947年の第1回統一地方選挙で小樽市議会議員に初当選し3期12年を務めたが市議会議員時代の生活は苦しく彼の妻は魚の行商で生活を支えた。1959年に北海道議会に当選すると苦しい生活は楽になり妻も行商を終えたが次期衆議院議員候補として推す声に対して彼の妻は猛反発し、浅沼稲次郎社会党委員長、勝間田清一教育立法局長の説得でようやく彼の出馬に同意した[1]。
1960年の第29回衆議院議員総選挙で北海道第1区から初当選(同区で同じ社会党公認候補横路節雄も当選)。1963年の第30回衆議院議員総選挙では落選したが1967年の第31回衆議院議員総選挙で返り咲いた。
公害と労働問題では第一人者と言われ歴代の環境庁長官や政務次官は彼のレクチャーを受けた[1]。
1973年通常国会において一国会における質問回数63回の新記録を樹立した(その後2006年通常国会で国民新党の糸川正晃が質問回数83回の新記録を樹立した[2]。)。

1979年第35回衆議院議員総選挙不出馬を表明し衆議院解散で国会議員を引退したが小樽の近隣の仁木町の有志の要請で町長選挙に出馬し当選し1987年まで2期8年務めた[1]。町長時代には山村開発センター[3]を設置し郷土資料館を併設した[1]。道知事横路孝弘やセゾングループの総帥堤清二の助けも借り町おこしに尽力。(引用終わり)


ベネッセの福武總一郎について、ウィキより。

ベネッセコーポレーションの企業メセナとして、1992年建築家安藤忠雄の設計によるベネッセハウス・ミュージアムを開設。2004年には個人資産を寄贈して直島福武美術館財団(現:公益財団法人 福武財団)を設立し、同年地中美術館、2010年に李禹煥美術館を開館。これら「ベネッセアートサイト直島」の活動により、直島は「現代美術の聖地」と国内外から評価され、2010年の瀬戸内国際芸術祭開催につながった[2]。 2012年10月既存4公益財団法人を、美術館運営と文化・芸術による地域振興助成の「福武財団」と、岡山県の教育文化振興助成の「福武教育文化振興財団」に整理統合し理事長に就任。財団の基本財産となるベネッセホールディングス株式約600万株、及び現金・作品・資産等250億円を超える寄付を福武家は行っている。
2008年には個人で東京大学に16億5千万円を寄付し、本郷キャンパスに「情報学環・福武ホール」が建設されている[3]。なお、東大文学部社会学科の看板教授といわれた福武直は總一郎の遠縁に当たる(http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_171212_j.html )。また地球環境の保全と持続可能な社会の実現を目指して、2009年株式会社SIM-Driveと電気自動車普及協議会の設立に参画し、それぞれ会長に就任した[1][4]。
2014年6月、グローバル化とデジタル化と対応できる人材として、外資系出身でIT(情報技術)に強く、しかも顧客目線の改革で実績がある原田泳幸に後事を託し[5]、最高顧問に退いた[6]。

現在はニュージーランドに在住[7]。(引用終わり)

ホリという会社は、北菓楼の親会社である。

安藤忠雄 島本和明 そしてセクハラ自殺追い込み新聞社
コリアン関連会社 コリアン美術 コリアンマンセー旧社会党 コリアンマンセーセクハラ新聞社

何か、繋がりが見えてくるようで、見えてこない。

ただ、記録として、新国立競技場でもっと「マシな」説明責任を果たすべき安藤忠雄が、札幌医大までやってきてつまらない話をしていた、という記録。


PS そういえば、札幌医大では、こんなこともあった。

女性医師専門医不正取得事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%B0%82%E9%96%80%E5%8C%BB%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E5%8F%96%E5%BE%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(この問題の女性医師、札幌医大卒44期だけれども、卒業生名簿の欄には勤務先も住所も白紙になっている)

心臓血管外科教授懲戒免職事件
http://restfultime.blogspot.jp/2015/07/blog-post_17.html


2015年10月9日金曜日

サムソン製のiPhoneに当たりませんように

http://gigazine.net/news/20151009-iphone-6s-chip/
2015年10月09日 10時51分00秒
iPhone 6sなどのCPUがサムスン製だとTSMC製よりバッテリーがもたない、確認する方法はコレ


iPhone 6s/6s PlusはSamsungとTSMCの2社が製造する2種類の「A9」プロセッサを採用していますが、「どちらのA9プロセッサを搭載しているかによって理論的にはバッテリーの持ちが50分も異なる」という指摘が出てきています。

Which chip does your 6s(6s+) have? | MacRumors Forums
http://forums.macrumors.com/threads/which-chip-does-your-6s-6s-have.1922967/

Apple Says Battery Performance Of New iPhones’ A9 Chips Vary Only 2-3% | TechCrunch
http://techcrunch.com/2015/10/08/apple-says-battery-performance-of-new-iphones-a9-chips-vary-only-2-3/

Chipworksによると、2種類のA9プロセッサはそもそもサイズからして異なるとのこと。以下の図を見ると分かるのですが、Samsung製のA9プロセッサのサイズは96平方ミリメートルで、TSMC製のプロセッサは104.5平方ミリメートルとなっていて、重ね合わせるとTSMC製プロセッサが一回り大きいことが見て取れます。


また、Mac Rumorsが2種類のA9プロセッサを搭載したiPhone 6sのバッテリー持久時間をテストしたところ、TSMC製のプロセッサは7時間50分だったのに対して、Samsung製のプロセッサは6時間5分であり、およそ1時間45分の差が生まれるという結果に。なお、Mac Rumorsは複数回テストを行いましたが、結果は同じだったそうです

TSMC's A9 Chip Outperforming Samsung's in Early iPhone 6s Battery Benchmarks - Mac Rumors
http://www.macrumors.com/2015/10/07/tsmc-samsung-a9-battery-tests/


さらに、ベンチマークテストの結果がこれ。左側のTSMC製プロセッサの方が、右側のSamsung製プロセッサよりバッテリー残量が多くなっています。


TechCrunchが上記の点についてAppleに尋ねたところ、Appleは「独自にテストを行うとともに、デバイスがリリースされてから数週間の間に実機を使ったユーザーからデータを集めたところ、実際のバッテリーライフの差は2~3%」と回答。ユーザーが日常で使っている分には、ほとんど違いを感じないレベルだとのことです。

ベンチマークテストの結果とAppleの回答で差があるわけですが、これはユーザーがどのように端末を利用しているのかというデータを直接端末から集めることが可能なAppleが、ベンチマークテストの結果ではなく「現実世界でユーザーはどうアプリを使い、CPUの稼働のピークはいつか」といったデータから回答を導きだしているため。CPUに負荷をかけるベンチマークテストは現実に即した使い方ではなく、「誤解を与えやすい」とAppleは説明しました。

なお、自分の持っているiPhone 6s/iPhone 6s Plusにどちらのチップが搭載されているのかは、以下のアプリから確認可能です。

Lirum Device Info Lite - System Monitor on the App Store


上記のページにアクセスしたら「入手」をタップ。


「インストール」をタップして……


インストールが完了したらアプリを開きます。


アプリが起動すると以下のような画面が開くので、「Model」の部分を確認します。今回試したiPhone 6s Plusでは「N66mAP」と表示されていました。


iPhone 6sの場合
「N71AP」:Samsung製
「N71mAP」:TSMC製

・iPhone 6s Plusの場合
「N66AP」:Samsung製
「N66mAP」:TSMC製


▲:予想でいえば、今後私がiPhoneを買い替えるのは数年後だと思うけれども(今の6Plusで何の不満もないから)、その時は、サムソン製のiPhoneが売られていないようになっているか、あるいは、台湾製か韓国製か事前に知ることができるようになり・選択できるようになっていて欲しいと願う、のみ。


2015年10月7日水曜日

資料 山田孝男 ドイツロマン主義

風知草:夢見るドイツ=山田孝男
毎日新聞 2015年10月05日 東京朝刊
 外国の理解は難しい。分かったつもりで、けっこう誤解している。
 たとえばドイツ。脱原発の経済大国は難民受け入れ大国でもある。
 それもこれも、厳密で理詰めの国民性からくる選択かと思っていたが、そうではないらしい。
 じつは、ドイツ人は「夢見る人」だという。
 ベルリン駐在が長かった新聞記者の新刊「ドイツリスク/『夢見る政治』が引き起こす混乱」(光文社新書)に教わった。

    ◇
 著者は読売新聞の三好範英編集委員(56)。1997年から3回、計10年、ドイツで活動した。
 今年2月、私もベルリンで政府、連邦議会、産業連盟、電力大手、新聞社などを取材し、脱原発の定着を実感したが、釈然としないことがあった。
 日本を含め、原発を保有する民主主義国では「脱原発」と「原発容認」の世論が併存しているが、ドイツの世論はなぜ単色か−−ということである。
 原発への未練が伏在することは察せられたが、なぜそれが少数にとどまるかという疑問である。
 沈黙はチェルノブイリ原発事故(86年)以降の、環境政党のめざましい台頭を背景に生まれた。
 そこは私でも見当がつくが、三好は、「ドイツ人の原発に対する感情は、必ずしもチェルノブイリ事故によるものではない」というドイツ有力紙の発行人の意見を引き出す。
 そのうえで、ドイツの脱原発は「合理性よりも感受性、自然への共感を重視するロマン主義の伝統」に根差すと推理。ロマン主義の本質は「自分は聖なるものと結び付いているとして反逆する魂の古代性」にあるというトーマス・マンの講演の一節を引く。

    ◇
 ドイツ人は夢見る人だと三好に告げたのはフィンランドの、原発と核廃棄物最終処分場(オンカロ)がある町の町長だった。
 ともにチェルノブイリ事故に苦しんだのに、なぜドイツは脱原発、フィンランドは原発推進なのか。この質問に、町長はこう答えたという。「ドイツ人は夢見る人、フィンランド人は実際的な国民です」
 三好によれば、欧州通貨統合も、ナチズム、ホロコースト克服を欧州の連帯に求めた「ドイツの夢」の産物だ。難民受け入れの背景には過去の異民族排斥への贖罪(しょくざい)意識がある。
 東方の大陸国家ロシアへの共感はドイツの古い伝統である。近年著しい中国への接近もその延長線上にある。他方、ドイツには「日本人を倫理的に低いものと見なし、自分の方がマシだと思いたい」心理があるという。歴史認識をめぐって中・独が共鳴、日本にとって難しい情勢になっている現実がある。
 先週2日、東京・南麻布のドイツ大使公邸で開かれたドイツ統一記念日レセプションで、ウェアテルン大使があいさつした。
 「大量の難民の受け入れはドイツに変化をもたらすでしょう。良い方向の変化だと私は確信します。日本も責任の分担を」
 報道によれば、ドイツ国内では難民に対する反発が拡大している。円満解決に至る保証はない。
 日本史は先進国追随の歴史である。日本人は「進んだ考えは外国から来る」という意識が身についてしまっている。
 だが、時代は変わった。もはや、日本自ら理想を描かねばならぬ。矛盾を抱えつつも夢を追うドイツを見るにつけ、思うのはそのことである。(敬称略)=毎週月曜日に掲載



2015年10月6日火曜日

nfa 人名辞典2015年5月まで追加

人名辞典、2015年5月までの増補を完了した。
以下は<え>の部分。


えええ
えなりかずゆき 俳優 13・4・23
江国滋 喫煙者 JTの宣伝にも出ていた文筆家 食道癌で死亡 04・3・2
江角マキ子 自分は年金保険料を払わずに年金保険料を払うように求める宣伝に出た女優 10・20 04・3・22
江川紹子 島田紳助を擁護できるのは人間のクズでしょう 4・11・12 11・10・23(小沢一郎の協力者・でも張本の気に入らないことを言ったのでコリアンタブーに触れてTBSから追放されている)
江石清行 長崎大学医学部教授 心臓外科医 5・3・29
江田五月 民主党の国会議員 キャバクラ 9・10・4
江藤淳 文芸評論家 10・6・2
江原啓之 スピリチュアルイノシシ 05・4・1 6・2・28 3・8(特集) 3・16 3・20(特集)12・19 7・11・13 8・1・24 11・2・2 12・2・22(町山智浩) 15・3・27(東京MXテレビ)

江本孟紀 元野球選手 元参議院議員 石原のコブン・浜渦の親友 7・9・19
江利川毅 人事院総裁 国が滅びても公務員の給料は下げないつもりらしい 12・1・13

瑛太 タレント 焼肉屋の息子 在日コリアンと映画製作 14・1・31

枝野幸男 革マル系労働組合と深く繋がる民主党幹事長 14・10・31 11・4(革マル関連を指摘されて誹謗中傷だと火病発作) 11・6(阿比留瑠比) 15・4・22
蛭子能収 漫画家 タレント 8・3・25 14・3・22
海老沢勝二 NHK会長04・2・8
海老蔵 →市川海老蔵
絵麻渚ゆう 元宝塚雪組スター 女優 040512
絵門ゆう子 乳癌闘病記執筆者 8・8
越前谷知子 酩酊会見の中川昭一大臣との宴席に連なった読売新聞記者 9・2・20 13・9・1(ニューヨークにいる) 10・20 14・7・31 9・25
遠藤彰子 画家 7・3・17 12・12 9・4・7 14・2・7(すっかり堕落してしまった) 4・27
遠藤武彦 安倍晋三が任命した農水相 農業共済組合不正受給ですぐに辞任 7・9・2
遠藤誉 物理学者 社会学者 作家 13・12・10
遠藤力 産婦人科医 出生前診断告知裁判 14.6.6
遠藤乾 北大教授 中村研一の弟子 佐藤のりゆき関連 14・11・4 15・3・7

エイブラムス、JJ 映画監督 super8 2度とこの男の作品は見ない 11・11・11
エチェバリア(エンジェル・サントス) 日本ハムファイターズ外野手 040511
エビュテルヌ、ジャンヌ モディリアーニの妻 才能ある画家でもあった 7・6・25 12・12・2
エッティンガー 欧州連合原発担当委員 フクシマを人災であると指摘11・6・26
エメリッヒ、ローランド(Roland Emmerich) 映画監督 『2012』を含めてどれもこれも三流作品 9・11・28 5・3・16
エルガー フランスの作曲家 11・12・11