ページ

2014年4月30日水曜日

NYTが薄皮一枚かぶって偽装している組織、それが朝日新聞

月曜日、朝日新聞の一面と社会面一面を使い、日本人の「外国人差別」を批判する記事。
NYTの下請け仕事。
そこに出てくるのは、コリアン系かもしれない高校生と、昔北海道に住んでいたアメリカ人・有道出人。

作成途中

2004年9月17日
老人施設での虐待と日本人の良心・外国人の不法行為を放置する日本

(中略)

 以下も同じく今日の北海道新聞紙面から。
『(見出し)
入浴拒否控訴審 小樽市の責任認めず
「日本は放置国家」
原告 法不備追及へ訴訟も
(記事)
 外国人や外国出身者であることを理由に入浴拒否したのは人種差別撤廃条約に反するとして、小樽市と温泉施設経営会社(小樽)が計600万円の損害賠償などを求められていた小樽温泉入浴拒否訴訟の控訴審判決が16日言い渡された。札幌高裁は一審を支持し、氏の法的責任は認めず、会社にのみ計300万円の賠償を命じたが、原告側は札幌市内で記者会見し「行為の不作為に対し、責任を問えないのは遺憾」として上告する考えを示した。
 原告で大学助教授の有道出人(あるどうでひと)[松浦による注・日本に帰化した白人](39)・空知管内南幌町・は、
「判決が入浴拒否を人種差別と認定した点はうれしいが、小樽市の責任を否定したのは残念」。
 カルトハウス・オラフさん(41)・札幌市・ドイツ国籍・は、
「自分は永住資格があり長期の裁判ができるが、短期滞在の留学生は不可能で、被害にあっても泣き寝入りせざるを得ない。日本は法治国家というより『放置国家』ではないか。人種差別撤廃には法整備が必要」と訴えた。
 有道さんは来春にも、人種差別撤廃に必要な法整備に取り組まない国の不作為を訴え、損害賠償などを請求する訴訟を起こす考えを明らかにした。
 小樽市の山田勝麿市長は「控訴審でも市の主張が認められたと考えている。今後とも人種差別防止に関して意識啓発に努めるなど、市としてできることを努力していく」とのコメントを発表。一審に続いて敗訴した入浴施設を経営する会社(小樽)は「担当者がいないのでコメントできない」とした。(後略)』

 日本社会の盲点を突いた裁判である。
 つまり、日本の治安は何ら守られていないという盲点。
 北朝鮮工作員が日本人を拉致し、一部の中国人が窃盗団となって日本各地で押し入りを繰り返し、一部の韓国人が凶悪事件を繰り広げている。それを、日本の警察は、ほとんど防ぐことができない。それもそのはず、日本の警察は庶民の生活などどうでもいいと思っている。彼らは金持ちと日本という体制を守ることが主目的であり、後は領収書を偽造して税金を詐取し、「花見酒」で人事を少しでも都合よくするように「運動」することで忙しい。窃盗団も拉致も外国人による強姦殺人も「面倒くさい」だけの話なのである。
 ましてや、入浴施設でロシア人が傍若無人に振舞っても、そんなことは民事であり、「民事不介入だ!」「いちいち警察に電話してくるな」(恐らく――)ということなのである。
 小樽はつい最近まで、多くのロシア人が来ていた。
 今はどれほど来ているのか知らない。貨物船の乗組員のロシア人が小樽市民の自転車を盗んでゆくことが話題になったこともある。また、かつては乗用車窃盗団が盗んだ車が小樽を通してロシアに運ばれていた。
 酔っ払ったロシア人入浴者がどれほど温泉施設で暴れることか。それを警察に届けても警察は殆ど無力である。だいたい、ロシア人はロシア語以外は聞く耳持たないといった態度に出るという。
 稚内に『童夢』という温泉施設がある。ここもロシア人がかつて傍若無人に暴れたところである。温泉の中には日本語とロシア語の警告が何十枚と張り出されていた――風呂場は遊び場ではない、というあたりまえのことを書いてあった。
 ロシア人にとって風呂は娯楽であり、酒を飲んで大声を上げて、水しぶきをあげて飛び込む場所なのである。
 だとしたら、私はロシア人の大勢いる温泉施設には行かない。
 小樽のこの温泉施設も、ロシア人に苦しめられて、「外国人お断り」としたのだったと思う。この温泉施設、名前も知っているけれど、私は行かない。それは「外国人を差別するけしからん施設だから」というわけではなく、ロシア人の「蛮行」に結局は無力だったからである。何が悲しくて、「うるさい温泉」に行かなくてはならないのだろう?
 本来ならそうしたロシア人を「取り締まるべき」警察の職務怠慢こそ問題にされるべきなのだが、日本ではそうした点はあいまいである。
 小樽だけではない、東京でも大阪でも、「外国人による犯罪」に、警察は及び腰である。つまりは、捜査が非常に面倒で、起訴するとなると更に面倒なのである。警察のそうした態度を日本国民は知っているから、外国人の犯罪に巻き込まれないように、外国人を避ける。すると、この有道出人のような「白人」が、「人種差別だ、被害を受けた」と告訴して、300万とかいう賠償金を貰うのである。
 10数年ほど前、ロシア人の夫婦が札幌市内の病院に「人道的配慮」で入院したことがある。あれはソ連が崩壊する前で、「難民申請」の手続き中だった夫婦ではなかったろうか。ところがその夫婦、入院した病院の病室の中でコンロを使って自炊を始めた。もちろん、消防法違反、火事の危険もある。病院はロシア人に注意したが聞き入れられず、警察に頼んだが「担当ではない」と相手にされず、外務省にも頼んだが何もしてはくれなかった。つまり、外国人による「乱暴狼藉・危険行為」は日本政府の関知するところではなく、庶民がよろしく「我慢しろ」ということなのである。
 確かに、日本は、外国人の不法行為を放置する『放置国家』である。

a nasty manipulation found everywhere in japan






お笑い細川護熙の襖絵



 細川護熙の襖絵は、ヒドイ絵であることが、モノクログラビア写真からも理解することができる。山腹から突然現れる滝。島根の足立美術館にある庭園の滝は、電動ポンプでくみ上げた水を流している(らしい)。足立美術館の庭は、造園・作庭によるものだから、そうした「不自然な滝」があったとしても「造作」の一つとして認められるが、細川護熙の絵は、大自然の山の姿を絵にしているのだから、テキトーに、こんなところにこんな滝があればいいんじゃないの、ということで書き加えられているようなのだから、愚かの極みである。滝の落下する周囲もすべて他の山肌と変わりなく、殿様の「我が儘」が自然の景色から得られるはずの感動を台無しにしている。モノクログラビア写真では明らかではないけれども、絵のタッチも怪しいもので、奈良薬師寺にある平山郁夫の襖絵同様にヒドイものであることは間違いないだろう。
 杉の並びがまるで造林されているようで、隣の松(だろう)の森との境が一直線になっている。これも自然の森では有りえない光景だけど、この方が格好いいということなのだろう。全体に、俗っぽく霧を這わせているのは、東山魁夷のエピゴーネン風なのだが、悲しいほど稚拙であり、品の無いモノマネでしかない。
 鎌倉建仁寺も、「長い付き合い」だから、こんな絵でも細川家との縁を続ける意味で飾るつもりなのだろう。
 加藤登紀子は、瀬戸内寂聴・加藤陽子(東大教授)と並ぶ、
<日本3大糞ババァ>
 の一人。細川護熙の背後には、こんな人脈が延々と続いているのである。




2014年4月29日火曜日

アメリカが日本を占領しているあいだアメリカ人は「性の防波堤」(慰安所)を利用した

 オバマやキャロライン・ケネディが、自分たちの手は汚れていないようなウソを垂れ流していることには軽蔑するしかない。旧日本軍が「慰安所」を設置し、売春婦を雇ったのは、アメリカ人やコリアン(ベトナムで)がやったような民間人強姦を防ぐ、という意味だったのだけど、(コリアンやアメリカ人の)「軍人が勝手にやった強姦や殺人」は問題にせず、(日本人の)「農協団体旅行的」メンタリティーから設置された売春所へ20万人の「性奴隷」(ヒラリーも使っていた言葉)という真っ赤なウソを垂れ流す彼らの卑劣さについては、それこそ碑文にしてコリアンの大使館とアメリカ大使館の前に建てるべきだろう。



http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140422/waf14042207000001-n1.htm
慰安婦問題「吹聴」の裏で、米国の性風俗産業を支える「中韓」
2014.4.22 07:00 

 米国の主要な7都市の風俗産業が年間10億ドル(1030億円)の規模に達することが、米国の非営利団体(NPO)の調査で分かった。売上高でみると、米国ですでに社会問題化している銃器や麻薬売買の規模を上回る都市があったほか、インターネットを活用した業態も増加。「売春ビジネス」が米国内で一大産業になっている実態を浮き彫りにした。調査結果で注目されるのは、売春の温床となっているアジア式の「マッサージパーラー」(性的マッサージ)の存在だ。ほぼ各都市にあり、全米レベルでネットワーク化。しかも中国人や韓国人がその多くを経営しているという。

年1000億円! 銃器や麻薬を超す売り上げ

 調査は、米NPO「アーバン・インスティテュート」が、ワシントンDCやジョージア州アトランタ、テキサス州ダラスなど主要8都市で、米司法省の委託を受けて実施した。性的マッサージや簡易売春宿、高級売春婦によるサービスなどにかかわる客引きや売春婦、警察官ら約260人にインタビューし、売上額などの推計値をはじき出している。

 調査によると、8都市のうち、ワシントンDCなど計7都市の風俗産業の売上高は2007年で9億7530万ドル(約1千億円)。あっせん業者は売春婦に1日400~1千ドルのノルマを課し、収入は1週間で5千~3万3千ドル程度あった。

 個別の都市をみると、07年の売上額が最高だったのはアトランタで、年間2億9千万ドル(約290億円)。銃器(1億4600万ドル)や麻薬(1億1700万ドル)の市場を上回った。

 また、売春業者の収入は1週当たり3万2833ドル(約338万円)で、これも各都市のトップだった。アトランタでの主な業態は、ラテンアメリカ系の売春宿とアジア式の性的マッサージ。顧客に対してはいずれもインターネットなどを通じて斡旋(あっせん)され、とくに性的マッサージは全国レベルでネットワーク化しているもようだ。

 一方で、03年と07年の比較で急増したのが、ワシントン州シアトル。5030万ドルから1億1200万ドルと倍増した。業態別では性的マッサージが韓国人や中国人の経営者によって巧妙に組織化されているとされ、不法入国した売春婦を使って売り上げを伸ばした。

タイやフィリピンから売春婦を調達…利益隠しも

 性的マッサージの経営を担うのが韓国人や中国人であるとの指摘は、シアトルだけではない。

 米ニュースサイトのビジネス・インサイダー(電子版)によると、ラテンアメリカ系の売春宿と、アジア式性的マッサージはすべての都市にある業態だった。性的マッサージは全米各地に計5千もの店があり、売春婦らは各都市を巡回する。売春婦が巡回するのは、店の顔ぶれを随時入れ替えることで顧客の関心をひくためだという。

 各店舗は組織化され、ビジネスに精通した中国人や韓国人が運営。売春婦については、タイやフィリピンなどから随時、別の仕事を斡旋すると偽って補充し、米国に到着後に性的マッサージを行う仕事を強要しているとされる。

 そうして得た利益は地元の不動産などにも投資され、資産隠しも頻繁に行われているが、シアトル・タイムズ(電子版)は、利益の多くは韓国や中国、ベトナムに送金されると指摘。シアトルには40、50歳代のアジア人の女性が住む売春宿もあるとしている。

慰安婦問題との「矛盾」

 慰安婦問題をめぐり、朴槿恵大統領による「反日」行為・発言を、世界で繰り広げる韓国。米国ではカリフォルニア州グレンデールで慰安婦像を設置するなど、誤った歴史認識を拡散しようとする動きを進めている。

 しかし、その一方で、米国の風俗産業の担い手として韓国人が暗躍しているというのは、実に、滑稽な事象でもある。

 “性的被害”を訴える一方で、性産業の担い手になる国…。これもまた、揺るぎのない現実なのだ。

お笑い北海道の公務員

「趣味の範囲超えて」ネット出品の市課長を処分
2014年04月29日 12時16分 読売新聞
 和歌山県有田市は28日、カミキリムシの標本をインターネットオークションに繰り返し出品して収入を得ていたとして、地方公務員法(営利企業等の従事制限)違反で、市水道事務所の男性課長(55)を戒告の懲戒処分にした。 
 発表によると、課長は2012年10月から今年4月にかけて、友人から預かったり、自ら集めたりしたカミキリムシの標本を自宅のパソコンを使ってネットオークションに出品。計543件が落札され、計約137万8000円を得た。そのうち約10万円を自分の収入としていたという。
 市民が市長に提言する「市長への手紙」に電子メールで情報提供があり、発覚。市は「趣味の範囲を超えて、日常的に販売行為をしていたことが、違反にあたると判断した」としている。
 市は監督責任を問い、当時、課長の上司だった市民福祉部長と水道事務所長も口頭注意とした。


ハズレ馬券は経費か? 競馬利益に巨額課税、各地で訴訟
村上潤治2014年4月7日10時46分
■4億円超の申告漏れ、国税が指摘
 競馬で計約78億円の払戻金を受けた北海道の公務員男性(41)が、馬券の購入費計約73億円分を差し引いた約5億7千万円を競馬の所得として申告したところ、札幌国税局から4億円以上の申告漏れを指摘されたことが分かった。はずれ馬券の購入費が経費と認められなかったため。この結果、男性が納めるべき税金の総額は競馬の利益を上回ることになり、これを不服として東京地裁に提訴した。
 日本中央競馬会(JRA)は2002年、大量の馬券をパソコンや携帯電話で手軽に購入できるシステムを導入。男性はこれを利用し、役所が休みの土日はテレビの競馬中継を欠かさず見て、JRAに登録された8千頭の馬の能力や騎手の技術を独自に分析、ネットで年間2千回以上馬券を購入した。課税対象となった05~10年の6年間で、計約72億7千万円の馬券を買って計約78億4千万円の払い戻しを受け、差し引き約5億7千万円の利益を得た。
 男性が競馬の利益を申告しなかったため、札幌国税局は税務調査を実施。これを受け男性は11年、はずれ馬券も経費に算入し、6年間の競馬の所得を約5億7千万円、所得税額を約2億1千万円と申告した。年間を通して損益を合算できる所得税法上の「雑所得」との見解だ。
 これに対し、国税局は所得税の基本通達に従って、競馬の払戻金を「一時所得」と認定。認められる経費は「収入を得るために直接かかった金額」のみで、競馬の利益から差し引けるのは当たり馬券だけと指摘した。

▲:北海道の公務員って、こんなことしていて仕事をやっているのだろうか? よほど本業の公務員としての仕事が暇なのだな、と、感心させられた。和歌山では10万円儲けただけで懲戒処分、北海道では6億近く馬券で儲けても御咎めなし、ということは、今も続けているのだろう。年間12億の馬券を買っている。月に1億円も買っている。それで公務員としての仕事もやってゆけるというのだから、どんな「公務」をしているのか、是非とも教えて欲しい。

資料 千野志麻

http://www.news-postseven.com/archives/20140428_253459.html
死亡事故被害者遺族 千野志麻に「一生、憎みます」と告げた
2014.04.28 07:00
 長野県・軽井沢――日本有数の別荘地のなかでも、ひと際目立つ1000坪の敷地に立つモダンな二階建ての一軒家。昨年夏に完成し、土地建物合わせて計2億円という、この豪邸は、千野志麻(36才)夫妻の別荘だ。
 千野といえば、昨年1月、静岡県沼津市内のホテル駐車場で、男性(享年38)を自ら運転する車でひいてしまう死亡事故を起こしてしまった。
 その後、自動車運転過失致死容疑で書類送検されていたが、昨年12月、静岡簡易裁判所から罰金100万円の略式命令が下され、即日納付。刑事事件としては、これで“決着”となったようだ。
 千野は、ようやく双子の男児(5才)と長女(3才)の母親として再び前を向き始めたようだ。冒頭の別荘は2011年に土地を購入。建物は昨年6月ごろに完成したという。
「千野さん一家は、ほぼ毎週末、別荘で過ごしているようです。お子さんたちのお友達も招いて、パーティーを開き、から揚げなどを作って、おもてなしをしているようです。 自分がふさぎ込んでいる間、子供たちに心配をかけたので、その恩返しといったところでしょう」(千野の知人)
 だが、男性の親族は、深い悲しみのなかからいまだ抜け出せていない。男性の母親・A子さんが、今の心情を明かしてくれた。 千野は、事故後の月命日には必ず、夫とともにA子さん宅を訪れていた。
「彼女は、ほとんどしゃべらないんですが、“一生かけて償っていきます”と言ってました。だけど、私たちの心の傷は絶対癒されることはありません。だから、はっきり言ったんです。“一生、憎みます”と」(A子さん)
 今年1月2日で事故から1年が経った。A子さんによれば、千野は、1月4日を最後にA子さん宅を訪れていないという。
「お墓のほうには行っているらしいですが、1年過ぎたらここには来ないような状況ですからね。誠意があるとは思いにくいです。私は、裁判を起こそうとは思っていません。ただ…心の償いをしてほしいとだけ思っております」(A子さん)
※女性セブン2014年5月8・15日号


参照
http://hamusoku.com/archives/8347165.html





ミズノの金儲け主義が日本の野球を殺す 水野明人

 水野明人は正人の息子。水野明人の息子は英人。吉田恵と離婚した人物。


水野正人 毒餃子を日本人は気にしていないと中国で発言したミズノの会長 8・4・20 4・26 13・6・18(統一球はミズノの金儲けが招いた) 9・15(オリンピック招致スピーチの脂ぎった顔)



http://business.nikkeibp.co.jp/article/emf/20121227/241645/
2013年1月8日
ミズノ代表取締役社長・水野 明人 氏「スポーツでの社会貢献 商品と選手通して実践」
聞き手/斎藤 正一

経営理念は、「スポーツ品とスポーツの振興を通じての社会貢献」。環境配慮商品の開発と一流選手の活動を通じ理念を実践する。

――スポーツ用品の総合メーカーとして、以前から環境、CSR(企業の社会的責任)活動に取り組んでいます。その背景にはどのような考えがあるのですか。


水野 明人(みずの・あきと)
ミズノ代表取締役社長
1949年生まれ。74年米イリノイ・ウエスレイアン大学経営学部卒業、75年、ミズノ入社、76年、関西学院大学商学部卒業、84年同社取締役、2006年6月から現職
水野明人氏(以下、敬称略) 企業活動のなかで環境問題には早くから取り組んできました。環境保全活動は、1991年の「Crew21(ミズノ地球環境保全活動)」がスタートラインになりました。
 経営理念は、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」です。当時、今でいうCSRをどこまで意識していたかは分かりませんが、創業の頃から社会貢献を考えながら活動を続けてきました。
 地球温暖化問題に関心が集まり始めた時期と当社が環境活動を始めた時期は重なります。その後、グリーン調達をして環境に配慮した素材を使うとか、環境負荷の低い商品を開発するなど活動の幅を広げてきました。

――経営理念にあるCSRに通じる考えが、具体化している分野はありますか。

水野 自社の生産工場だけでなく、仕入先や製造委託先工場の方々などとともに、労働環境を適正に保つための活動である「CSR調達」に、2004年から取り組んでいます。このCSR調達では、法令順守はもとより、人権尊重、労働環境の安全性、環境保全などを監査し、問題があれば改善を図っています。
 中国など国内外の約150の製造委託先工場を直接訪ね、「ミズノCSR調達行動規範」に定めた人権や労働慣行、環境面について状況を把握するための「CSR監査」を実施しています。

 CSR監査は通常監査員2人で、現場や書類などを1日以上かけて確認します。監査の結果、問題が発見されたとしても直ちに取引を停止することはありません。適正な是正措置を考え、対話と働きかけによって状況が改善されることが重要だと考えています。我々が考えるCSR監査は、健康診断のようなものです。
(以下省略)

▲:安く作って儲けよう、その結果品質管理は失敗し粗悪な商品を日本プロ野球界に納品。昨年の失敗にも懲りず、今年も粗悪品を納品。チャイナリスクで失敗する会社の典型的な例。




作成途中

歩く品性下劣・橋下徹

橋下市長「しゃれ、冗談の極みだ」と釈明
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は8日、メーンストリートの御堂筋にマンションを含む高層の建物の建設が可能になったことを受け「愛人の2、3人を住まわせて」と発言したことについて、「しゃれ、冗談の極みだ」と釈明した。「聞いた人の解釈の仕方だ」とも述べ、発言を撤回する必要はないとの認識を示した。市役所で記者団の質問に答えた。
 発言を報道した報道機関に関しては、新聞社を名指しし「ばかそのものだ」と批判した。
 一方、「自分の奥さんにはこんなことは言えない」と語ったことには、「そんなものを認めて、どこの世界に堂々と(妻に)言える男がいるのか」とかわした。
 日本維新幹事長の松井一郎大阪府知事は、府庁で記者団に「買い物をしてくれたら、消費が上がるだろうという話だ」と述べ、問題視しない考えを示した。(共同)
 [2014年4月8日12時28分]日刊スポーツのサイトより

▲:ばかそのもの、は、もちろん、橋下徹である。



フクシマ 恐怖を超えてもはや笑うしか(ひきつった笑い)ない 小学館脳、恐るべし

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140425/t10014036211000.html
冠水しない燃料取り出し技術募集
4月25日 18時21分 NHK
冠水しない燃料取り出し技術募集
東京電力福島第一原子力発電所の事故で溶け落ちた核燃料を巡り、国は、今の計画で想定されている燃料を水にひたして取り出す「冠水工法」と呼ばれる方法ができない場合に備えて、必要な技術を募集することになりました。
福島第一原発の廃炉を進めるうえで重要な1号機から3号機のメルトダウンした核燃料の取り出しは、工程表では早ければ、6年後の平成32年度以降に始まるとされています。
今の計画では、原子炉を覆う格納容器に水を張って放射線を遮蔽しながら燃料を取り出す「冠水工法」が検討されていて、各号機の格納容器の調査が行われています。
25日、東京・港区で開かれた会議で、メーカーの技術者などに燃料の取り出し方法の検討状況が報告され、廃炉を技術的に支援する組織「国際廃炉研究開発機構」の担当者は、これまでの調査から、格納容器の損傷箇所の特定や十分な修復が難しく、冠水できないおそれがあると説明しました。
そのうえで、放射線量がより高い状況でも燃料の状況を把握する映像技術や水を使わずに放射線を遮蔽する方法など、冠水せずに燃料を取り出す技術の募集を国がことし6月から始める方針を明らかにしました。
国際廃炉研究開発機構の鈴木一弘専務理事は「冠水できない場合、放射線を遮蔽する新たな対策が必要になる。困難を乗り越える斬新なアイデアを出してほしい」と話しています。







漫画「美味しんぼ」:原発取材後の鼻血の描写で物議
毎日新聞 2014年04月29日 11時27分(最終更新 04月29日 13時20分)
 小学館が28日に発売した週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」5月12、19日合併号の人気漫画「美味(おい)しんぼ」(雁屋哲作・花咲アキラ画)で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公らが鼻血を出す場面が描かれ、読者から問い合わせが相次いでいることが分かった。同誌編集部は「綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載した」などとするコメントを発表した。
 漫画の内容は、主人公である新聞社の文化部記者の山岡士郎らが取材のために福島第1原発を見学。東京に戻った後に疲労感を訴えて鼻血を出し、井戸川克隆・前福島県双葉町長も「私も出る」「福島では同じ症状の人が大勢いる。言わないだけ」などと発言している
 一方で、山岡を診察した医師が「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」と答える場面もある。
 同誌編集部はホームページに掲載したコメントで「鼻血や疲労感が放射線の影響によるものと断定する意図はない」「風評被害を助長する意図はない」などとしている。
 原作者の雁屋氏は今年1月、豪州在住の日本人向け情報サイトで2011年11月〜13年5月に福島第1原発の敷地内などを取材したことを明かし、「帰って夕食を食べている時に、突然鼻血が出て止まらなくなった」「同行したスタッフも鼻血と倦怠(けんたい)感に悩まされていた」などと語っていた。
 井戸川氏は28日の毎日新聞の取材に「雁屋さんから取材されて答えたことがそのまま描かれている。(描写や吹き出しの文章は)本当のことで、それ以上のコメントはない」と話した。

 「美味しんぼ」は1983年に連載開始。グルメブームの火付け役となったともされる。【川口裕之、狩野智彦、黒田阿紗子】


 ◇被ばくと関連ない


 野口邦和・日本大准教授(放射線防護学)の話 急性放射線障害になれば鼻血が出る可能性もあるが、その場合は血小板も減り、目や耳など体中の毛細血管から出血が続くだろう。福島第1原発を取材で見学して急性放射線障害になるほどの放射線を浴びるとは考えられず、鼻血と被ばくを関連づけるような記述があれば不正確だ。


 ◇ストレスが影響も

 立命館大の安斎育郎名誉教授(放射線防護学)の話 放射線影響学的には一度に1シーベルト以上を浴びなければ健康被害はないとされるが、心理的ストレスが免疫機能に影響を与えて鼻血や倦怠感につながることはある。福島の人たちは将来への不安感が強く、このような表現は心の重荷になるのでは。偏見や差別的感情を起こさない配慮が必要だ。

▲:福島にいる同じ症状の「おおぜいの人」にインタビューを取り、事実を突き止めるのがマスコミの役目なのだけれども、日本のマスコミにそれを期待するのは無理なことなのだろう。





美味しんぼ、「風評被害」の意図なし…小学館

2014年04月29日 14時51分 読売新聞
 漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の連載「美味おいしんぼ」(作・雁屋哲、画・花咲アキラ)で、福島県を取材してきた登場人物が、28日発売号で鼻血を出すなどの表現があったことからインターネットで議論が広がり、発行元の小学館は同日、風評被害を助長する意図はないとして、理解を求めるコメントをホームページに発表した。 
 この号では、福島の食の現状を取材してきた登場人物が福島第一原発を見学した後、鼻血を出したり、疲労感を訴えたりする。その一方で「放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」とする病院の見方も紹介している。
 同社のコメントは「鼻血や疲労感が放射線の影響によるものと断定する意図は無く」、すでに作中で「きちんと検査が行われ、安全だと証明されている食品・食材を、無理解のせいで買わないことは、消費者にとっても損失であると述べております」としている。





「福島周辺で鼻血出る人が続出」 「美味しんぼ」で編集部コメント発表も炎上止まず
2014/4/29 17:07 JCAST
   ビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載中の人気漫画「美味しんぼ」の内容がネット上で物議を醸している。福島には疲労感が強かったり鼻血が出たりといった症状の人が大勢おり、それらの症状と原発の放射線との関連を匂わせる描写があったというのだ。
「今週の『美味しんぼ』、福島から帰ってきた山岡さんが原因不明の鼻血を出し、海原雄山も出たと話をして、最後に井戸川さんが出てきてこの有様でした。これは流石に福島県民として抗議の意を示したい。僕はこの三年間、鼻血なんか出たこと無いですが」
   2014年4月28日に画像つきでされたこのツイートは、29日夕方現在1万回以上リツイートされ、ネット上を騒がせている。
「福島では同じ症状の人が大勢いる」
   問題となっているビッグコミックスピリッツ22・23号(4月28日発売)では、主人公の山岡と海原雄山たち一行が福島第一原発を見学した。途中、一行は3号機の前で1時間当たり1680マイクロシーベルトを数秒間浴びた。すると帰宅後の山岡にひどい疲労感と鼻血の症状があらわれた。のちに同じ症状が雄山や同行者にもあったことがわかる。取材の過程で、前双葉町長の井戸川克隆氏と岐阜環境医学研究所所長の松井英介医師のもとを訪れた山岡は、町長の口から「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」と告げられる。今週分の話はここまでで、欄外には「耐え難い疲労感と原因不明の鼻血―――!?山岡や雄山たちの体になんらかの異変があるのか?次号。」とのアオリがついていた。なお、山岡が訪ねた両名は実在の人物で、井戸川氏は放射性廃棄物中間貯蔵施設の受け入れを巡って町長職を辞任、松岡医師は『見えない恐怖 放射線内部被爆』などの著書がある。
   ネット上では症状と原発が結びつけられているように読めるとして、「そんな症状は聞いたことがない、風評被害では」「『山岡たちの体に異常が起きているのか!?』みたいなヒキで、 次回『異常は何も起きていませんでした?!』で済ますには苦しいと思うんだけどどうなるんだろう」などと疑問が出て、ツイッター上で「炎上」状態になってしまった。
 放射線の影響によるものと断定する意図は無い
   実は、原作者の雁屋氏はこの取材体験について、作中とほぼ同様の発言をして話題になったことがある。その時はオーストラリアの情報を紹介している日本語ミニコミ紙「日豪プレス」に対して、現地の子供たちもだるさを訴えていたとし「あの周辺は人は住んではいけない所になってしまった」と漏らし、福島の食べ物を食べて応援することも疑問視、特に東北地方の海産物の多くについて「恐らく食べられなくなるでしょうね」と言っていた。こうしたことも騒ぎを大きくした要因とみられる。
   騒ぎを受けてスピリッツ編集部は28日夜、次のようなコメントを発表した。それによると、鼻血や疲労感が「放射線の影響によるものと断定する意図」は無く、「取材先の皆様の実体験や作者の実体験について、作中登場の実在の医師に見解を問う展開」だという。風評被害を助長する内容ではないかという指摘についても、そのような意図は無く、これまでの作中でも「きちんと検査が行われ、安全だと証明されている食品・食材を、無理解のせいで買わないことは消費者にとっても損失であると述べております」と説明した。
   こうした対応に、ネット上ではなお「風評被害に限らず、意図しているかどうか(要は主観)が問題じゃなく、実際に見た人がどう感じるかが肝心なんだと思うんだけどなぁ」という意見を中心に、批判が止まない。
   ただ、一部からは「この、作中の医師のお話がこの後続くんじゃないのかな。デリケートな問題の扱いで、掲載ページの割り振りを見誤った、ということで落ち着くと良いなぁ」など、今号だけを見て批判するのは早急だという見方も出ている。

▲:『美味しんぼ』の単行本(もちろん小学館発行)は、トータルで何百万部も売れているのだろうし、何億どころか何十億円の売り上げになっているのではないだろうか? だとしたら、「カネのために」小学館が常識も良識も捨てているのにも十分な理由があるのだ。この漫画家には逆らえない、福島がどれだけ風評被害を受けようが会社の利益の方が大事、ということなのだろう。




前代未聞のニセパン事件

パン、出店を断った店の名前で販売 函館のデパート「マルシェ」(04/29 09:13)
 【函館】函館市のテーオーデパートで26、27日に開かれた催事「はこだてパンマルシェ」で、実際には出店していない店の名前でパンを販売していたことが28日、分かった。企画した札幌のブレナイ社は返金などを検討している。
 同社によると、イベントには道内の16店が出店するとしていたが、このうち札幌の「ブーランジェリーコロン」と帯広の「ますやパン麦音」の2店から26日、「参加していないのに名前が使われている」とテーオーとブレナイ社に問い合わせがあり判明した。
 すぐに2店の販売ブースを撤去したが、2店の名前で計約120個のパンが売られていた。
 2店ともブレナイ社から出店打診を受けたが断っており、実際に販売されたのはこの2店やほかの参加店と無関係のパンだったという。
 同社などによると、2店に出店を断られたことを担当者が上司に知らせず、この間に参加店を紹介するチラシも出来上がったため、この担当者が別の店のパンを仕入れて2店の名前で販売したとしている。<北海道新聞4月29日朝刊掲載>


人気店のパンと偽り販売、百貨店イベントで
2014年04月29日 10時33分 読売新聞
 北海道函館市梁川町の百貨店「テーオーデパート」で26、27日に開催された、道内各地のパンを集めたイベント「はこだてパンマルシェ」で、札幌市と帯広市のパン店の商品と偽り、実際には別の店のパンが売られていたことが28日、わかった。 
 主催した札幌市中央区のイベント会社「ブレナイ」は、「社員が仕入れでうそをついていた」とし、該当するパンの購入者に返金するとしている。
 イベントは、函館圏12、札幌市3、帯広市1の老舗・人気店計16店が一堂に会し、こだわりのパンを販売すると銘打たれていた。このうち札幌市中央区の「ブーランジェリー コロン」と帯広市の「ますやパン 麦音」のパンとして売られていたのは、札幌市の別の2店のパンだった。
 コロンの担当者によると、ブレナイ側から16日に電話で出店依頼があったが、「時間がないので出店できない」と断った。この担当者が26日、インターネットで、このイベントに関し、「せっかく来たのにコロンのパンが売り切れていた」と書き込まれていたのを発見。ブレナイやテーオーデパートに問い合わせ、2店の出店偽装が発覚した。
 ますやパンの担当者も「一度お断りした。なぜ売られていたのかわからず、当惑している」としている。
 ブレナイの野呂貴弘社長(41)は「出品を募った営業担当の社員がうそをついているのを26日夜まで知らなかった。本人は『チラシが出来ていて、言い出せなかった』と言っている。申し訳ない」と話した。
 イベントでは、26日で2店分の販売をやめたが、計約120個が売れた。このパンは、営業担当社員が札幌市の別のパン店から買っていた。テーオーデパートは「商品のチェック態勢の強化や再発防止に取り組む。誠に申し訳ない」としている。

▲:パンのラベルはどうなっていたのだろう? ラベルまで偽造していたのだろうか? そこで売っていた販売員も「ニセパン」であることを知っていたのだろうか? 謎が深まる、ある意味、北海道(函館?)ならではの「詐欺パン事件」であり、返金すればそれで済むと考えているらしいデパートについても嗤うしかない。





2014年4月27日日曜日

資料 JR北海道



TBS 倉本聰 井上陽水 三井住友銀行

 BSのTBSを、今、見たら、倉本(反日コリアンキリスト教組織関連)が、井上陽水と対談をしていた。この番組の提供が、暴力団フロント企業ともいわれる吉本興業のメインバンク・三井住友銀行
というのだから、TBSと反日組織(反日本人組織としての三井住友)の運動を目の当たりにすることができる。
 サングラスを取ったら、こんな顔をしていたのかと、井上陽水の顔に驚いた。








資料 大川小学校児童大量致死事件



今井高遠賛美新聞・北海道新聞が執拗にやっている工作 伊藤めぐみ 黒田理


いつもの黒田理の仕事である。

朝日新聞 アメリカ民主党政権の宣伝紙



サル登山冒険家 三浦雄一郎 ヘリの前で記念写真


元気に万歳して喜んでいられる体力があるのなら、自分の足で降りてこいよ。

PS
 6500m地点から5300m地点までの1200mもの高低差をヘリで降りてきた三浦。
それにしても、6500mは、空気が平地の何分の一くらいなのだろうか? 2分の一、3分の一? いずれにせよ、ヘリの揚力は生まれにくく、ヘリの乗務員も命がけだったはず。こんな売名商売登山の老人を救うために命を賭けたヘリの乗務員にはそれなりの報酬があったのだろうか。
 何年か前、都岳連の老人たちが渓流登山(とんでもない場所の)をしていて、遭難してヘリを携帯で呼び、そのヘリが墜落して乗務員が数名死んだことがあるけれども、三浦雄一郎とその愚劣な老人グループの姿が重なる。





資料 遠藤彰子


 これらの1000号の作品は、どれもくだらなかった。タコ、とか、クモ、とか、人骨、とか、そうしたくだらないイメージに頼った、大きいだけのスカスカの内容の絵。くだらない、というよりも、失笑を禁じ得ないほど稚拙な構想の絵である。画家が齢を取って、思いが空回りして、駄作を勘違いして傑作だと思い込んでしまう典型的な事例だと思う。
 遠藤彰子は100号でもいい絵を描いていたし、200とか300ぐらいのもいい絵があったけれども、1000号の絵はことごとく失敗している。それに本人は気付かないのだろうか。

作成途中

資料 沢田秀雄


 そういえば、HISの海外旅行で交通事故に遭い(バス事故)、後遺症を負った人たちのあの裁判はどうなったのだろう?




資料 小田嶋隆 竹山隆範

TBSが火を付けコリアン芸人が油を注ぐ
http://restfultime.blogspot.jp/2014/04/tbs.html
の続き

http://hannichigukoku.info/blog-entry-4921.html
小田嶋「ネット内での反応が酷いなと、2chという巨大掲示板で
10万個の書き込みがあったんですけども
内容がほとんど、7割方ざまーみろみたいなかんじで
それが、全部日本人がそうではないんですけれども
そこに集まる人達って、普段いろんなところでいえないことを
言う人達がネットに集まることがあって
悪循環みたいなところがあって、それが日本でこんな酷いこといってるよって
韓国のネットに紹介されていることと、
韓国で日本の悪口言っている人達の書き込みが紹介されて
デフレ・スパイラルみたいなことが起こっている材料になっている
ことに私はみてて残念に思う。
日本人がみんなざまーみろなんて多分1000人に1人や2人だと思うんですけども
その声がすごくネットの上ではどうしても目立つ。
そこばっかり紹介されると日本人がみんな喜んでいるように思われてしまう。
だから、そういう書き込みするのはいかがかと思うんですけども」

竹山「ツイッターをみていたら、亡くなった生徒さんの高校が反日教育を強くやっていて
修学旅行か何かも反日教育をやりに行く途中だったみたいなことを書き込んでいる人がいるんだけども
物事はそういうことじゃなくて、そういうことを書き込むべきじゃないでしょ
リツートしている人もいたし、そのへんがおかしなことだと思う。恥ずかしいことだと思う。」

小田嶋「やっぱり、そういうことをいう場所って陰口でしか出来なかったんだけども
おおっぴらに共有出来る場所が出来てしまったということ
例えば、今回、日本が救援するよ。って声掛けしたのに韓国が断ったことに
「断りやがって」とかの意見が結構あるんですよ。
でも、これってどこの国でも、なんか酷い災害があったことに
日本の東日本大震災のときでも、救援のあれがあったときでも
とりあえず今はそれどころではないんでといってお断りしたことあるんです。
それは、断るということは「お前の助けなんていらね」といったわけではないんだけど
そういう風に受け取って書き込みがあって残念ですね。」

竹山「ちゃんとした内容を知らずにね、勝手に自分の理解だけで」

▲:それにしても、暴力団組長(幹部)の息子で、予備校の前払い金を父親の(暴力団員の)力で返却させたとか吹聴して得意になっていたこのクズ(竹山)が、日本人を「上から目線」で偉そうに説教できるとは、さすがコリアンのためにあるTBSである。河本準一擁護の論調を、竹山が「暴力団のように」日本国民に向かって恫喝口調で喚いていたのを思い出す。この男がコリアン系なのかは、自分で話していないのでわからないけれども、コリアンのための「世論工作員」なのは、行動を観察していれば明らかである。
 小田嶋隆という男も、「使い勝手のいい」言論人なんだ、朝日新聞にとっては。今日、部屋の整理をして古い朝日新聞を見ていたら、ところどころで朝日新聞の代弁者のようなことを(実際そうなのだろうけれども)言っていた。その記事2つをアップしておく。






資料 安藤忠雄

 先日、この建築屋が海老蔵@灰皿雲知 と対談している雑誌を買ったり、タッシェンのモノグラフ(?)を買ったりして、愚劣な建物をあちこちに生み出しているこの男のことをブログに書こうと思っているのだけれども、気が進まずに放置している。
 で、最近の週刊誌に、こんな記事が出ていたのでスキャンして資料として残しておく。
 相変わらず、アホなことをやっていると呆れる。
 もっとも、先日門司に行って、レトロ地区と名付けられた地区で黒川紀章の唖然とするような不細工なビルを見たので、黒川よりは安藤の方がまだマシなのだろうな、と思わされた。どっちもどっちだけれども。


開聞岳を見るたびに思う


作成途中


アエラ(朝日新聞)で小泉今日子がモゾモゾ喋る



どの程度親しかったのかは知らないけれど、小泉今日子の親衛隊長を名乗っていた元TBS社員・川村龍夫の子分・ミスユニバ恐喝者、って誰だったろうか?
参照
http://tokumei10.blogspot.jp/2008/06/blog-post_1473.html?showComment=1245619589000


作成途中

資料 五百旗頭薫 親子揃って権力者の犬となって活躍する「学者」になるのだろう



 小泉純一郎が首相のときに、防衛大学校長をしていたのが、五百旗頭真だった。
 その小泉純一郎を、口汚く罵っていたのが五百旗頭真。
 同じように、テレビに登場して口汚く小泉首相を罵っていたのが、三井の寺島実郎。
 つまり、学者(五百旗頭)は、三井(とその背後の財界、そしてアメリカ財界)のために働いているのである。どこの民主国家の防衛学校の校長が、その国の国民から選挙で選ばれた国会議員、が更に選んだ首相を罵倒するというのだろうか? ということで、五百旗頭真は、この国の支配構造を教えてくれた貴重なクズであり、その息子の五百旗頭薫も、おやじの後を見習って、支配権力のために学者ぶるクズに、きっとなることだろう。


資料 ビジネスホテル

進化系ビジネスホテル 無料尽くしでGWの女性一人旅にも人気 2014.04.26 07:00
 いよいよ目前に迫ったゴールデンウィーク。家族でどこか国内旅行には行きたいが、まだホテルを予約していないという人もいるだろう。 しかし、諦めるのはまだ早い。たくさん遊んで寝るだけの宿泊なら、オシャレなシティホテルに泊まらなくても、直前のキャンセルも出るビジネスホテルで十分。しかも、最近のビジネスホテルはシティホテルに負けず劣らずサービス満点なのだ。 近著に『ホテルに騙されるな! プロが教える絶対失敗しない選び方』(光文社新書)があるホテル評論家の瀧澤信秋氏が解説する。
  ビジネスホテルの進化が止まらない。一昔前のビジネスホテルといえば、簡素で清潔感に乏しく、まさに寝るだけといったものだった。 そもそもホテルの区分として、シティホテル、ビジネスホテルという区分けがなされ、シティホテルとはレストランや宴会場などコミュニティ機能を有するホテル。他方ビジネスホテルとは、コミニュティ機能を持たず宿泊することに主体の置かれたホテルのことを指すのだが、ここ数年でビジネスホテルのイメージは大きく転換している。「東横イン」「アパホテル」「ルートイン」や「スーパーホテル」などに代表される全国チェーンのビジネスホテルは、宿泊特化型ホテルとも呼ばれ、大人気を博している。 駅近の立地に加え、利便性の高い機能的な客室は清潔感があり、女性にも人気となっている。 客室のインターネットは無料、ホテルによってはサウナや露天風呂まで擁する大浴場も無料、果てや朝食ビュッフェまで無料がスタンダード化しており、大人気を博しているビジネスホテルのキーワードは「無料」ともいえる。無料ビュッフェといっても侮ることなかれ。和洋中の料理が並び、これが本当に無料? というレベルにまで進化している。
 また、そのような全国チェーンに対抗すべく、地方の小規模チェーンはさらにその上をいくサービスを展開している例も多くみられる。愛知県を中心に展開する「ABホテルチェーン」では、多くの店舗で大浴場や朝食に加え、なんと宿泊者全員の夕食まで無料というサービスまで展開している。
 このようなビジネスホテルの利用者目線を貫いた進化は、出張族御用達というイメージだったビジネスホテルのイメージを転換させた。 最近ではファミリーや女性一人旅の姿が多くみられるようになっている。無料朝食ブッフェ会場にもファミリーも多く楽しそうな朝食風景が見られる。子供はブッフェが大好きだ。何より無料なのだから家族連れにはありがたい。 また、格安高速バスやLCCの進化で若い女性の一人旅も目立つようになった。少ない予算で利用可能な進化形ビジネスホテルは「ビジホ」ともいわれ、女子旅にも大好評を博している。 これからのGWや夏休み、今や昔のイメージから大きく変わった、進化形ビジネスホテルを積極的に利用するという格安快適旅行という選択肢も大いにアリだ。
(引用終わり)

ビジネスホテルチェーン
http://biz.travel.yahoo.co.jp/chainlist.html

アルファワンホテル
http://www.alpha-1.co.jp/hotels_list/





2014年4月26日土曜日

老害は死なず消えもせず 田原総一郎


上は、原発推進で稼いでいたころの田原の記事。こうした講演一つで、原発企業や団体から幾ら貰っていたのかは不明。そういえばこの男、ドバイの投資でも宣伝マンをやっていた。
この老害男の後継者が、モスクワの女手配師・佐藤優。
佐藤優といえば、カマキリ二郎とか、カメムシ柄谷とか、そういった連中。みんなお仲間なのである。
アホの東浩とかもいたけれども、みんな学生運動か何かの組織で繋がっているのだろう、ネットで調べても明らかにならないのだけれども。






田原総一郎「韓国の反日感情は日本メディアが煽る幻」 週刊朝日記事に2ちゃんねらー大反発
2014/4/26 17:05 JCAST
  ジャーナリストの田原総一郎さんが韓国について書いた週刊朝日の記事をめぐり、2ちゃんねらーが反発している。韓国人のほとんどは反日感情がないのにもかかわらず、日本の週刊誌による韓国批判報道に影響されて日本人は「反韓」になっていると指摘する内容だ。
   ネットでは「何言ってんだ」「韓国人の反日は事実だろ」などといった意見で大盛り上がりとなっている。
「売らんがための報道に容易に影響される」
   批判を浴びているのは「週刊朝日」2014年5月2日号掲載の記事だ。朝日新聞出版のサイト「dot.(ドット)」では「田原総一朗 韓国の『反日感情』は政治家とメディアが煽る幻だ」というタイトルで公開されている。
   朴槿恵大統領や韓国メディアが「日本攻撃」を繰り広げていることを受けて、韓国人の反日感情について産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員の黒田勝弘氏に聞いた話をまとめたものだ。黒田氏の「韓国の国民のほとんどは、実は反日感情など持っていません」「(韓国のマスコミが)いくら日本をたたいても一般の国民は反応しない」といった見解を載せた。
   その一方、日本では数年前までは「ヨン様」ブームだったのに、韓国の政治家やメディアが日本批判を始めてから韓国への旅行者が減っていることにも言及した。日本の一般国民が日本批判の情報を直接目にしているとは思えないとして、
「週刊誌や月刊誌の多くが韓国を批判、いや憎悪むき出しで攻撃しているのを読んで、韓国に拒否反応を示すようになったのであろうと考えられる。ということは、韓国人とは逆に、日本人は売らんがための報道に容易に影響される、もろい存在だということになる。我ら日本人、しっかりしなくては!」
と述べた。
「仏像が返ってこないのも幻か」と批判
   記事に対して、ネットでは「嘘つけよ」という反発のほか、「韓国人どうしの会話で 『イルボンノム(日本野郎)』という単語は今でも普通に聞く」という反論があった。タイトルの「メディアが煽る幻」という部分に特に反応し、
「すげーリアルな幻だ その幻の反日感情で超大国アメリカに売春婦像が建ってるようにみえるんだが?」
「仏像が返ってこないのも 旭日旗が近年叩かれだし世界のあらゆるところで文句つけられるのも ぜんぶ幻かよ?」
といった批判が巻き起こった。また日本のマスコミに対する批判も出て、
「ここまで韓国が増長しちゃったのは、それを知っててほっといたお前らマスコミのせいだろ・・」
「嫌韓は嫌マスコミとセットなのを理解してねーな マスコミが日本人だけを押さえつけるほど炎上するんだよ」
   など大量の書き込みがされ、スレッドは5つ目に突入してもまだ勢いはおさまりそうにない。

ドーベル反町隆事件を思い出してしまう 飼い主の悪辣さ



 ドーベル反町事件でも、子供が噛まれていたら、その子供は死んでいたかもしれない。母親が命がけで守った。一歩間違えば、この白老の事件のように死んでいたかもしれない。




子宮頸がんワクチン 桃井真里子 薗部友良 





 申告していなかった……って、製薬会社は源泉徴収票をこの2人に送っていただろうに。

 送っていなかったとしたら、製薬会社に問題があるし、源泉徴収票を受け取りながら申告しなかったとしたら、あからさまな脱税ということになる。それと、源泉徴収票には、「何年度分」というのが大きく印刷されている。薗部という医者の「申告対象時期を間違えた」なんてのは、普通、というか絶対にありえない、バカな言い訳である。

参照:

自閉症の原因遺伝子特定 自治医大などの研究チーム 
(1月6日 朝刊) 
発達障害の一つである自閉症を研究する自治医大の桃井真里子主任教授(小児科学)の研究チームは5日までに、脳内の神経伝達物質の代謝に関わる自閉症の新たな原因遺伝子を特定した。 
日米の患者約300人のDNAを解析した結果、「GPR37」と呼ばれる遺伝子が10人で変異していることを発見、この変異が細胞機能に悪影響を与えることを突き止めた。 
自閉症の要因となる原因遺伝子が特定されたことで、新たな治療薬の開発につながることなどが期待される。 
国際医療福祉大基礎医学研究センターの桃井隆センター長との共同研究。 
2012年12月に米科学誌「プロスワン」で発表した。 

研究チームは日本人と米国人の患者計約300人の血液を採取しDNAを解析。 

健常者と比較したところ、7家系10人の患者のGPR37に一定の変異が見つかった。 
変異した遺伝子を培養した細胞に導入すると、細胞に悪影響が出ることが分かった。 

GPR37は脳内の神経細胞間の伝達部分である「シナプス」の膜の上で、神経伝達物質「ドーパミン」の代謝に関与する。 

GPR37の変異がドーパミンの関連した脳機能不全を引き起こすと推定されるという。 
▽記事引用元 下野新聞SOON 
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130105/953790 

▲:夫である桃井隆は、女優・桃井かおりの兄である。

 桃井かおりは、あのリベンジポルノ事件や地震天罰発言で有名な、倉本聰と繋がる。『サユリ』もヒドイ映画だった。


PS
子宮頸がんのワクチン審議委員がメーカーから講演料
 市民団体、メンバーの見直しなど申し入れ
2014/5/ 4 10:00 JCAST
   市民団体「薬害オンブズパースン会議」(鈴木利広代表)は2014年4月28日、HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)を審議している厚生労働省の審議会委員の実に7割がメーカーから講演料などを受けていたとして、委員の構成や規程を見直すよう田村厚労大臣あての要望書を提出した。
   同ワクチンの副作用問題で審議会はメーカー寄りの判断を示しており、疑問の声が高まるのは必至だ。
毎年3000人が死亡する
   HPVウイルス感染が原因と見られる子宮頸がんには毎年、20代、30代を中心に女性1万人がかかり、3000人が亡くなっている。予防する2種類のワクチンは2009年と2011年に販売され、2013年度からは国の定期接種に組み込まれた。ところが、同年9月末までに激痛、脱力、失神などの副作用の訴えが2320件もあり、大きな社会問題になった。
   この問題に対応しているのが厚生労働省の厚生科学審議会のワクチン分科会副反応検討部会と、薬事・食品衛生審議会の安全対策調査会の合同部会。2014年1月、ワクチンの副反応は「心身の反応で、ワクチンの成分が原因ではない」と、メーカー側に有利な見解を打ち出していた。
   ところが、外部の指摘を受け、厚生労働省が調査したところ、合同部会の委員15人のうち11人がメーカー2社のうちの1社または2社から講演料などを受け取っていた。厚生労働省には関連メーカーとの利益関係をあらかじめ申告する規程があったが、4人は申告せず、 2人は金額の少ないランクとして申告していた。受け取っていなかった委員は4人いたが、うち1人は子どもがメーカーに勤務していた。
   同会議は委員の大多数がメーカーから利益を受けている現状では公正な審議が期待できないとして、委員の見直しを要望した。また、審議前に「50万円以下」「50万円超から500万円以下」といったランクだけの報告で、審議中にそのメーカーから金銭を受け取っても報告しなくていい現在の規程の見直し、さらには企業に医師などへの金銭などの支払い情報の公開を義務づける法律を作るよう要望した。

(医療ジャーナリスト 田辺功)

▲:この田辺功って、元朝日新聞の記者だったと思うけれども、相変わらず「腰が引けた」つまらない報道をしている。何故、カネを貰っていた医者の名前を出さないのだろう?  カネを貰って、おまけに脱税までしていた桃井や薗部に対して取材もできていない。








羽生君が日本人狩りに遭わないか心配だ

五輪「金」の羽生結弦選手、仙台で凱旋パレード
2014年04月26日 14時20分 読売新聞
 仙台市出身で、ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦選手(19)の凱旋パレードが26日、仙台市青葉区の東二番丁通で行われた。
 カナダに練習の拠点を置く羽生選手が、地元で公式の場に姿を見せたのは、2月26日に村井・宮城県知事らに金メダル獲得の報告に訪れて以来。東日本大震災の被災地に勇気を与えた「宮城の希望の星」を一目見ようと、沿道には大勢の市民が詰めかけ、周辺は祝福ムードに包まれた。
 羽生選手と母校・東北高校の後輩フィギュアスケート部員らを乗せたパレードカーは、仙台市役所前までの約880メートルをゆっくりと進んだ。沿道では、女性ファンらが写真を撮ろうとスマートフォンを構え、「おめでとう」「ユヅー」と声をかけて祝福。羽生選手は笑顔で手を振り、歓声に応えていた。

▲:羽生君が日本人狩りに遭わないか、それだけが心配である。


PS <仙台 日本人狩り> でグーグル検索していたら、こんな処分を下されているサイト(blogspot)を見つけた。どんなことをアップしたら、グーグルブログから追放されるのだろうかと、ふと思案をめぐらせた。




資料 イモ登山(イモト) サル登山 カネ登山 アホ登山

http://www.cyzo.com/2014/04/post_16952.html
2014.04.25 金
大規模雪崩被害のエベレスト登頂を宣言した日テレとイモトアヤコに「死んだらどうすんだ!」の声

 お笑いタレントのイモトアヤコが、日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』の企画で世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂に挑戦する。

 しかし、その矢先の18日に現地で大規模な雪崩が発生。地元のシェルパら複数の登山者が死亡したことで、22日に現地シェルパの一部が今年の登山を中止することを決めたと報じられた。
 これを受け、日テレとイモトの所属事務所は対応を協議。出した答えは変わらず「決行する」というものだった。23日、日本テレビは一部スポーツ紙の取材に「大丈夫です」とコメント。「すでに挑戦をサポートするシェルパは確保してあります。イモトさんは登頂へ向けて、高地に順応するための調整を予定通りこなしています」と説明した。
 イモトの登頂に向けた並々ならぬ決意が後押ししたとみられるが、当然のように心配する声も上がっている。エベレストは1996年に8人の登山者が死亡するなど、近年も遭難が後を絶たない危険な場所。ネット上では「バラエティの域を超えている」「危険すぎる」「万一のことがあったらどうするんだ」といった声が噴出。アルピニストの野口健氏も昨年9月30日に「最終的には本人の決断かもしれませんがエベレストはまだ早いんじゃないかな」とTwitterにつぶやいていた。
 芸能プロ関係者は「イモトのエベレスト登頂は番組の目玉企画。何カ月も前から準備は進んでいて、今さら断念は難しいと判断したのでしょう。万が一、何かあった場合、日テレと所属事務所は大きな責任を負うことになるが、こればかりは無事を祈るしかない……」と話す。
 やめたくてもやめられない。これも、女性ながら体を張って笑いを取ってきたイモトの“宿命”なのかもしれないが……。

▲:サル登山は、三浦雄一郎。

  カネ登山は、野口健。(カネと名声を求める登山)
  アホ登山は、竹内洋岳。(18座 登ってみても バカはバカ)
 イモ登山もサル登山もカネ登山もアホ登山も、畢竟、日本人のやっているバカ登山である。


PS

イモトさんだけでない…エベレスト登れない理由
2014年04月30日 12時46分 読売新聞
 【ニューデリー=田原徳容】世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)で、ネパール人シェルパ(登山ガイド)が今季(4~5月)のエベレスト入りを拒否する異例の事態が起きている。
 18日の雪崩で、登山ルートを整備中だったシェルパ16人が死亡・行方不明となる事故が発生し、安全面を不安視する声が強まっているためだ。
 このため、タレントのイモトアヤコさんら日本人を含む外国人らの登山中止が相次ぎ、ヒマラヤ登山が貴重な観光資源のネパール政府は対応に苦慮している。
 シェルパは1000人ほどいて、料理をつくったり、荷物を運んだりもする。シェルパたちはエベレスト入りの条件として、政府に対し、政府が得る入山料の3割を救助活動にあて、死亡時の補償金を倍にすることなどを求めている。これに対し、政府は一部で応じる姿勢を示したが、シェルパ側は納得していない。
 政府はエベレストへの登山者や登山を企画する会社などから、入山料として年間約300万ドル(約3億円)の収入を得ている。これに対し、シェルパは収入として、こうした会社などからシーズンに1人当たり1000ドル前後(約10万円)しか得られず、「搾取されている」という不満がある。
 ネパール山岳協会のアング・ツェリン・シェルパ会長は29日、「自然の脅威はそのまま受け止めるしかない」と述べ、今季の登山は不可能との見方を示した。同協会によると、現在41か国約330人が登山許可を取得しているが、登頂にシェルパの協力は不可欠なため、大小のグループの大半が断念したという。この中には日本人数人が含まれている。

楽天という名の粗悪組織




楽天社員18人、28店舗に元値つり上げを指示
2014年04月25日 21時18分 読売新聞
 楽天は25日、営業担当社員18人が、インターネット通販サイト「楽天市場」に出店する28店舗に対し、値引き額を大きく見せるために元値をつり上げる不当な価格表示を指示していたと発表した。 
 18人は2013年までの8年間に、担当する店の売り上げを増やそうと、店舗に対して元値表示のつり上げを電話などで指示したという。指示をした時期にばらつきがあることなどを理由に、楽天は組織的な行為ではなかったとしている。
 楽天は、担当の常務執行役員ら4人を6か月間の減俸10%処分とした。指示をした社員18人は処分せず、監視体制を強化するなどして法令順守の徹底を図っていくという。
 楽天市場では昨年11月、プロ野球・楽天の日本一記念セールで、17店舗が不当な価格表示をしていたことが発覚した。社員の関与は明らかにならなかったが、これをきっかけに、楽天は、営業担当経験のある社員661人と、楽天市場に出店する全店舗4万1993店に対し社内調査を行っていた。


http://biz-journal.jp/2014/04/post_4699.html

2014.04.24
企業・業界 企業・業界
楽天副会長、突然の辞任 同時に不倫&女性暴行報道、本人は猥褻写真の存在を認める
 楽天は、4月22日付けで國重惇史副会長が「一身上の都合により」辞任したと発表した。同時に國重氏は、子会社である楽天証券や楽天カード、楽天インシュアランスプランニング、楽天生命の取締役、楽天銀行の会長も辞任した。
 國重氏は住友銀行(当時)出身で、楽天の金融事業や企業買収などで貢献してきたとされる、まさに楽天グループの「ナンバー2」「三木谷浩史会長の右腕」だったが、その辞任の理由である「一身上の都合」とはなんなのか? 
 その理由とおぼしきスキャンダルを、4月24日発売の「週刊新潮」(5月1日号/新潮社)が報じている。
 そのスキャンダルとは、都内在住の専業主婦と國重氏がダブル不倫をしていたというもの。記事によれば、昨年4月、お互い仮面夫婦状態であった2人は、東京・赤坂の國重氏の自宅マンションで関係を持ったという。その後、国重氏がこの女性に送ったとされる「今夜、3階(國重氏のマンションにある別宅)でHして明日の朝もHして、(中略)、京王プラザかどこかでHするのもいいね」とのメールまでもが誌面に掲載されている。
 また、昨年11月には、國重氏はこの女性に対して暴力沙汰を起こしたため女性は連絡を絶つも、頭を丸めた國重氏の謝罪により2人は復縁。その後、女性は妊娠するが、國重氏が別の女性と浮気していたことが発覚。結果、流産してしまったという。
 新潮の取材に対し、國重氏は「挿入しなければ不倫ではない」と返答し、女性との関係はすべて「ごっこ」であったと否定している。しかし、女性と裸で抱き合っている写真が存在することについては「事実」と認めている。
 
 また、記事には、國重氏が女性に肉体関係を求め拒否されると、頭部へ暴行を加えたという記述もあり、被害を受けた女性は警察に告訴の相談をしたという。
●「デートレイプ」にあたる可能性も
 たとえ、恋人であろうと拒否している女性と無理やり肉体関係を結ぶような行為は、昨今問題になっている「デートレイプ」にあたる可能性が高い。公益財団法人「日本女性学習財団」のホームページによれば、デートレイプとは、恋人や顔見知りなどの関係にある相手から、肉体的暴力や言葉による脅し、アルコール摂取などで抵抗力を奪った上で、性行為を無理強いする行為だという。ここでは、合意の有無が重要になるが、日本では合意の有無の立証が難しいため刑事事件にはなりにくいともいう。
 不倫や暴力沙汰が事実だとすれば、國重氏が楽天グループ内の要職を辞任するのは当然の判断といえよう。
 楽天といえば昨年12月3日、東京証券取引所第1部に上場し、会長の三木谷氏は、「新経済連盟」の代表理事や安倍政権の産業競争力会議メンバーとしての公的な活動も目立つ。また、10年7月より「社内完全英語公用語」を実施し、社内全員にニックネームを付けていることも話題に。ただし、かつて当サイトの取材に対し楽天社員が語ったところによると、「会議中に重要な話が出たときは、1回英語で言った後に、『ここは大事な点なので、日本語で言います』」という。
 地位や名誉、お金を手にすれば異性にモテるのは想像に難くないが、女性問題をこじらせれば、それまで築きあげてきたキャリアを一瞬で失ってしまうのも事実。國重氏と関係を持っていた女性は、暴行を受けたことに関して告訴の準備をしているとのことだが、國重氏が楽天の副会長を辞任したことで問題が収束するのかは不透明だ。
(文=本多カツヒロ)


 火病発作のような怒りを時々簡単に爆発させる星野といい、このゲス野郎の大久保博元といい、東北楽天球団の腐れっぷりは半端ではない。


以下は大久保のウィキより

コーチ時代の不祥事[編集]
2008年[編集]
2009年度も引き続き打撃コーチを務める予定であったが、11月12日、知人女性が大久保から暴行を受けたとして警視庁品川署に被害届を提出していることが発覚(中日スポーツが「独占スクープ」と題して最初に報道しているが、日本シリーズ終了を待っての報道だった可能性が高い)。大久保本人は「刑事罰を受けるようなことは、自分の中ではしていない。殴ってはいない」と否定したが、11月14日に傷害の疑いで書類送検されるに至った。この件について球団から厳重注意処分を受け、優勝パレードなどの球団行事への参加を自粛している。
しかしその後も週刊誌などで隠し子騒動[9]や登板日漏洩疑惑といったプライベートな問題を相次いで報じられ、12月9日、コーチを解かれ編成部プロ担当となることが決定。知人女性への暴行事件は、会見では暴行を否定していたが、検察側の調べでは容疑を認めたため、東京区検が2009年3月13日までに傷害罪で略式起訴、東京簡裁は同27日検察側の請求通り罰金20万円の有罪判決を出した。結局2009年はフロントで編成部プロ担当に配置転換された。
2010年[編集]
2010年度に二軍打撃コーチとして復帰するも暴力問題で解任。解任後、西武球団を相手に地位保全と報酬の仮払いを求めた仮処分申請を東京地裁に行ったが、東京地裁は2010年11月19日、申請を却下した。これに対して、東京高裁に即時抗告を行ったが、2010年12月28日、東京高裁は即時抗告を却下した。年明けの2011年1月27日、西武球団を相手に契約解除の無効、未払い報酬の支払い、名誉毀損に対する損害賠償2000万円を求め、東京地裁に提訴した[10]。
西武は当初、どの選手に暴力行為を行っていたかなどを明らかにしなかったが、大久保が菊池雄星を名指しして出廷を求めるなどしたため、2011年2月16日に暴行を受けたのが菊池雄星だったことを球団として公表した。自主練習であった「アーリー・ワーク」を遅刻したら罰金という制度を強制的に行い、それに反発した菊池雄星が告げ口したと見なして同選手に暴力を働いたことを問題視されたことが明らかになった[11]。 後に『週刊ポスト』の取材で、この謹慎期間中に自殺未遂を図ったことを告白している。
2012年から楽天のコーチに就任することが決定。これにより訴訟を放棄することとなった[12]。
2014年[編集]

2014年には、2月16日のキャンプ全体練習後に、柿澤貴裕外野手に対しての守備練習の一環で個別にノックをしていたところ、柿澤が突然意識を失って昏倒した。柿澤本人は、トレーナーから心肺蘇生術として胸骨圧迫マッサージを3度受けた末に意識を回復。その直後に病院で「脱水症状による意識喪失発作」と診断されたため、入院と再検査を経て、18日からキャンプに復帰した。しかし球団は、水分を取れる練習環境にありながら、脱水症状で意識を失ったという事実を重視。柿澤、大久保および二軍のコーチ陣・トレーナー陣を厳重注意に処した[13]。




楽天・松井裕、2軍落ち決定 “デーブ鬼軍曹”荒療治
2014.04.25 zakzak
 試練到来だ。楽天のドラフト1位・松井裕樹投手(18)=桐光学園高=が、“デーブ流かわいがり”で再起を目指すことになった。期待のルーキーは23日の西武戦(コボスタ宮城)にプロ入り初勝利を懸けて先発したが、5回5安打5失点&8四球で降板。試合後、星野仙一監督(67)が「心の問題もある」とメンタル面での未熟さを指摘。2軍で鍛え直すことを明言したが、みちのくの2軍には球界屈指の厳しい指導で有名な“デーブ”大久保博元監督(47)が待ち構えているから、大変だ。 (片岡将)
 「四球は覚悟していたが、あそこまでとは計算してなかった。5回までは投げさせて勝利投手の権利を、という親心だったんだけどね。もう1回? もうないよ。もう一度、ピッチングのABCから勉強してもらう。みんながここまで我慢したんだから」
 試合後のテレビインタビュー。闘将は怒りを通り越し、怖いほど穏やかな表情で松井裕の2軍行きを明言した。
 1回先頭から連続四球。盗塁失敗と栗山を左飛に打ち取り2死にこぎ着けたが、その後も3連続四球。この回だけで41球を要した。押し出しの1点で済んだのが不思議なほどの大荒れだ。
 それでも2、3回と連続で3者凡退に打ち取ったが4回に連打で1失点。味方打線が4-2と勝ち越してくれた直後の5回には2四球と3安打で3失点。この回こそ投げきったが、球数は127球。初白星を目指した4度目のマウンドは5失点降板に終わった。
 「立ち上がりは四球を出してしまい、リズムに乗れませんでした。2、3回はボールをコントロールできて良かったと思います。ただ、それ以降は粘ることができませんでした。野手の方々が点を取って助けてくれたのですが、悔しいです」
 ガックリうなだれた新人左腕に、星野監督は「気持ちの問題を乗り越えられていない」とバッサリ切って落とした。
 相手は最下位にあえぐ西武。そして本拠地のマウンド。周囲ができるおぜん立ては全て整えられていた。慣例となっている登板前日の囲み取材も見送られ、特別と言っていい待遇で迎えたこの日のマウンドだったが、2軍降格という苦い現実が待っていた。
 それだけに、報道陣から何を聞かれても「2回と3回のピッチングができればいいと思います」と応えるだけ。質問を半ば拒否したままクラブハウスへと駆け込んだ。
 あえなく2軍行きが決まったゴールデンルーキーだが、球団関係者は「これはむしろ彼のためにいいこと」と期待を寄せる。その理由は“デーブ”こと大久保2軍監督の存在だ。

 松井裕が3年間、汗を流してきた桐光学園高野球部は、汗と涙の高校野球といったテイストとは違う、伸び伸び指導を主体としたリベラルな空気がある。それだけに「本格的な体育会系の怖さを知らない。メディアへの対応を見ても、ある意味では甘さが残っている。その点、大久保さんならそういった甘さは許してくれない。楽しみ半分、怖さ半分でどうなるか…」。
 大久保監督といえば、球界屈指の“体育会系”指導で名をはせた人。西武2軍打撃コーチ時代には、厳しい罰則を設定。これに反発した若手への暴力沙汰で訴訟問題にも発展したことがある。楽天でもその“路線”は継続。今春の久米島キャンプでは、外野守備練習の際に選手が脱水症状から意識を失い昏倒した騒ぎもあった。
 水分を取れる環境にありながら脱水症状を起こしたことで、球団からは厳重注意処分を受けたが、スパルタでの選手育成への熱意は失っていない。ある若手野手は“鬼軍曹”と過ごした2軍時代の生活を「罰金制は厳しいし、本当にきつかった。できることならもう下には行きたくないですね」と震え上がりながら振り返るほどだ。

 星野監督は左腕の2軍降格の期間を「そんなもん、ストライクが入るようになるまでや」と無期限のデーブ流“かわいがり”で鍛え直すことを宣言。プロ入り後、最大の試練といっていい状況に陥ったルーキー左腕には、この逆境をはねのけてほしいものだ。



鶴岡市のクラゲ水族館

http://kamo-kurage.jp/
加茂水族館の開館は6月1日、か。




資料 青木功

<青木功 内田裕也 張本勲>でグーグル検索をすると、いろいろなことを理解することができる。


2014年4月25日金曜日

オバマ ケネディ大使 ヒラリー 国務省 民主党 金融資本 つまりかつての日本の戦争相手

ソウルでオバマ氏、慰安婦は「ひどい人権侵害」
2014年04月25日 21時03分 読売新聞
 【ソウル=今井隆、豊浦潤一】訪韓中のオバマ米大統領は25日、韓国の朴槿恵パククネ大統領とソウルの青瓦台チョンワデ(大統領府)で会談した。 
 両首脳は、北朝鮮が準備を完了した4回目の核実験をはじめ、「挑発を阻止するための米韓協力を強化する」ことで一致した。
 会談後の共同記者会見で、朴大統領は「核実験の準備は完全にできている」と危機感を示した。オバマ大統領は「北朝鮮に効果の大きい追加制裁」を検討する意向を表明した。また、両首脳は、朝鮮半島有事の際の戦時作戦統制権を2015年12月に米国から韓国へ移譲する計画を再検討することを決めた。北朝鮮が挑発行為を繰り返し、安全保障環境が悪化しているためだ。
 共同記者会見では、いわゆる従軍慰安婦問題で朴大統領が安倍首相に「誠意ある実践」を求めた。オバマ大統領も「実にひどい人権侵害だ。安倍首相と日本国民も過去について、より公正に理解しなければならないと認識しているだろう」と語り、「過去を振り返りながら未来に向かうべきだ」と強調した。
 両首脳は会談の冒頭、韓国・珍島チンド沖で起きた旅客船沈没事故の犠牲者に黙とうをささげた。
▲:100年後に、アメリカで売春をしているコリアン女性たちのことを、「アメリカ人はコリアン慰安婦にひどい人権侵害をした」とアメリカ大統領は懺悔するのだろうか? こうして、アメリカとコリアンは日本を誹謗して日本を追い詰めようとしているのだろう。それにしても、どうして天皇陛下の歓迎会でオバマ大統領はその人権侵害を批判しなかったのだろうか。
 嘘を付き続けていれば、やがてそれが真実として通用するようになるというヒトラーの教えを、コリアンやアメリカは今も忠実に続けているということ。下の80年近く前の写真でアメリカが日本を貶めて卑劣な宣伝工作をやっていた方法を、コリアンや中国が受け継いでいるに過ぎない。




参照:
オバマがどうこう言う以前に、清、朝鮮、米帝、英帝を含め100年程度前までは彼我に分かれ「slave」で役割分担されていた国際社会。お互い食うか食われるか?当時の常識では善悪論評の余地はなし。
(それに倣い勤王攘夷、江戸開城、戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争、朝鮮併合を辿る)

特に米帝は「性奴隷」として黒人女を市場で競り落とし、マスターが孕ませ産み落とした(血が繋がった)混血児を奴隷として市場に放出、飽きた性奴隷もリユース リデュース リサイクルする一粒で二度三度美味しい性奴隷畜産商法を生業とした歴史もあって、穿った見方をすると「sex slave」チルドレンのアイコンが「オバマ」。その負の連鎖終着地が南朝鮮の「k-pop」そして「money house」。「オバマ達」の父親は日本人だったのかという笑止。
※本題と違う性奴隷K-POPはこちら参照
BBC News - The dark side of South Korean pop music

要は、日本では原宿ホコ天、聖子ちゃんが全盛だった牧歌的な時代、南朝鮮では世界中のビジネスマンを「性奴隷サービス」で招き入れ外貨獲得。裏では所謂「money house」という韓国政府秘密施設に韓国人アガシが押し込められ、在韓米軍相手に性奴隷を強制されていた暗黙の事実。最貧困だった祖国を支えた凄まじい数の韓国性奴隷被害者は目を閉じ耳を塞ぎ口を閉じひっそり人生を終え、黒歴史を屠りたい韓国政府は性奴隷国史を「日帝従軍慰安婦」として上書き保存中。キム王朝と主導権を競う半島統治正統性に重大な瑕疵を残しかねないのか、かなり必死。
Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases - NYTimes.com

朝鮮戦争、ベトナム戦争、ボスニア・ヘルツェゴビナ、チェチェン、リビア、コンゴ、ソマリア、イラク。国家権力による組織的集団強姦は脈々と伝承され、その半分以上は黒い鳩山由紀夫であられる米帝が噛んでいるのが世界の常識、オバマの非常識。
「なんで韓国人はベトナム人を殺したの?」韓国軍による民間人大量虐殺にベトナムの子供が疑問を呈す

韓国の反日プロパガンダ成分の大半は中国共産党と在韓北朝鮮工作員、テレビ朝日加藤工作員ら在日北朝鮮シンパによる日韓米台分断事業。
それが分かった上でのオバマの行動、内股膏薬クネ姐の秋波。
黒い鳩山由紀夫は「広島・長崎大虐殺」や「東京大虐殺」についてなぜ謝罪しないんだろ。

韓国「反日謀略」の罠


2014年ダメ翻訳家大賞を金沢泰子が受賞

ニーチェが泣くとき 西村書店刊 金沢泰子・訳

 この金沢泰子という女性は、医学関連の本も多数翻訳しているのだけれども、これほどダメな翻訳者だとは思っていなかった。津田塾の大学院で修士課程を修了しているそうだけど、学歴と翻訳の腕は無関係のこともあるのだろう、こうして。

<金沢泰子:1952年生。津田塾大学大学院修士課程修了。新潟国際情報大学講師。>

 何よりも呆れたのが、原書ではイタリック体にしてある部分が多数あり(1ページに2、3ヵ所はイタリック体となっている)、イタリック体にしている深い意味がどの場合にもあるのだけれども、金沢泰子はそれらすべてを無視して(普通なら、傍点を振るとか、ゴシック体にするとかするものである)、のんべんだらりんと訳している。そのため、ヤーロムが何を問題にしているのか、何を強調したいのか、翻訳では全く理解不能となっているということである。

 もちろん、「純粋な誤訳」にも事欠かない。
 最初の3章だけは「付き合って」、ところどころ誤訳を紹介しようと決めた。
 もちろん、この「作業」は、とても辛気臭くて、嫌なものである。だから、少しずつ記載してゆくことにする。


 内科の開業医でウィーンの名士であるブロイアー(41歳)の妻はマチルダ(30代半ば)。そこに足繁くやってくるのはブロイアーの後輩で医学生のジークムント・フロイト(20代半ば)。フロイトはマチルダに憧れており、自分のフィアンセもマチルダに似たような女性を選んでいるほど。

 ブロイアーはヒステリー症例の女性の研究治療に夢中になり、マチルダにその女性との仲を疑われて、今では夫婦の間に隙間風が吹いている。フロイトはマチルダに弟のように・息子のように可愛がられていて、親しげに話ができる仲であるけれども、もちろん不倫とかそういった関係ではない。
 その日もフロイトがブロイアーの家に夕食を摂りに、そして医学的な話をブロイアーと続けるために来ている。フロイトが風呂に入っている間に、ブロイアーは仮眠を取ろうとして横になる。

P35

 Lying on his bed, Breuer could not sleep for thinking about Mathilde confiding in Freud so intimately. More and more, Freud seemed like one of the family, now even dining with them several times a week.(snip)
 So what, Breuer asked himself, if Mathilde does tell Freud of my disaffection? What difference does it really make? (snip) 
 Without doubt Freud's presence in the household was a good thing; Breuer knew that he himself was too personally distracted to supply the kind of presence his family needed.

HP56

 ベッドに横になってもブロイアーは眠れなかった。
 フロイトにマチルダのことをうちあけたのは気をゆるしすぎたろうか。ふろいとは家族の一員のような気がしていた。週に数回は夕食をともにするこの頃はなおさらだ。(中略)
 もしマチルダがフロイトに夫に対する不満をもらすとしたら? そうしたところで、何の変わりがあるだろう。(中略)
 家のなかでフロイトが大切な存在だということに疑問の余地はない。ブロイアーにはわかっていた。自分は家族が必要としている存在には程遠い。

 素晴らしい! この短い1ページの文章の中に、呆れる誤訳が溢れていて、いかに金沢泰子が寝惚けながら翻訳していたか、説得力を持って証明できる。


Lying on his bed, Breuer could not sleep for thinking about Mathilde confiding in Freud so intimately. 
(誤訳) ベッドに横になってもブロイアーは眠れなかった。フロイトにマチルダのことをうちあけたのは気をゆるしすぎたろうか。
(正しい訳)……マチルダがフロイトにとても親しげに話をしている(秘密を話している)のを考えると、ブロイアーは眠ることができなかった。

if Mathilde does tell Freud of my disaffection?
(誤訳) もしマチルダがフロイトに夫に対する不満をもらすとしたら?
(正しい訳) もしマチルダがフロイトに私の(ブロイアーの)不実(他の女に入れあげていること)を実際に話したとしたら?

 Breuer knew that he himself was too personally distracted to supply the kind of presence his family needed.
(誤訳)ブロイアーにはわかっていた。自分は家族が必要としている存在には程遠い。
(正しい訳) ブロイアーにはわかっていた。自分が個人的なことであまりに気を奪われているので(例の女に入れあげているので)、自分の家族が必要としているような類の家庭内での存在(父親としての確固たる存在)というものを与えることができないのだ。


 内容を何も理解していないから、こんなバカげた誤訳を延々と続けているのである。






P58 Vienna's wind and wet gloom poisoned him, Nietzsche said. His nervous systme cried out for sun and dry, still air.


HP89 ウィーンの風と、じめじめした陰鬱さはひどくこたえると彼は言う。彼の神経系は太陽と乾燥、そして空気を求めて叫んでいた。


▲:still life を「もっと生活を!」と訳すような愚かさ。内容を理解できていないから、堂々と誤訳していることは理解できない。

HP112 彼は胸のふくらみをながめた。肋骨のうえにあるふくらみ……いつか吹きさらしの浜辺で巨大な魚の死骸に行きあたったことがある。魚の脇腹は部分的に腐り、日光にさらされてあらわになった肋骨が彼をにらんでいた。


作成途中



2014年度ダメ翻訳家大賞 中野久夫

恋の死刑執行人 1996年三一書房刊
中野久夫 春海アイ・モンゴメリー 訳 川室優・監修

 ヤーロムの本を読んでみると、とても面白かった。どうしてこのスタンフォード大学名誉教授の本が日本で人気が無いのか、そもそも殆ど訳されていないのか、不思議になった。
 彼のベストセラーが、精神分析(どちらかといえば実存分析)の症例を解説しながらそれを小説化した作品である
Love's Executioner & Other Tales of Psychotherapy
 という本で、日本では上に記したように、中野久夫という人物が訳している。
 下訳は春海アイ・モンゴメリーという女性がやって、中野久夫がそれをチェックしたのか、それとも半分ずつでも訳したのかは知らないけれども(あとがきにも書かれてはいない)、この稀に見る「バカ翻訳本」の責任は、プロの翻訳者である中野久夫が負うべきものである。
 あまりにも愚劣でバカな翻訳なので(三一書房は恥を知るべきだろう)、この翻訳本を読んで内容を理解することはできないだろうし、まして「鑑賞する」ことなど夢のまた夢である。
 ……なるほど、このバカ翻訳本を手に取って、それでも読んでみた日本人は、翻訳者がバカなのではなく、ヤーロムがバカなのだと誤解してしまったのだろう、だからヤーロムの本に人気が出なかったのだろう。
 可哀想に、ヤーロムに日本人翻訳者の驚くべき劣悪ぶりなど知る由もないだろうし、世界的ベストセラーになったこの本が日本で売れないのは、「日本人がアホだから」という誤った結論に至ったことだろう。




作成途中

2014年4月24日木曜日

This is Chinese

http://www.nikaidou.com/archives/45379

注意喚起(金銭強要事案:北京首都空港)

2014年4月21日 在中国日本国大使館

北京首都空港第3ターミナル出発ロビーで金銭強要事案(詳細以下事案の概要参照)がありました。航空会社からはすでに公安に通報がなされ、公安当局によって警備を強化する等の対応がとられているとの連絡を受けております。しかし、引き続き未遂事件が発生している模様です。また、国内線への乗り継ぎ時や、第2ターミナルでも類似の事例があったとの報告もあります。

航空会社のカウンター以外でパスポートを渡さない、カウンターにいるスタッフに直接渡す等パスポートの管理には十分注意をお願いいたします。



(事案の概要)

・空港スタッフを装った不審者(男性)が、搭乗手続きをする旅行者に声をかけ、「時間がないので早くきてださい」と説明する等半ば強引にチェックインカウンターに案内。その途中で不審者の求めに応じる形で旅行者が被疑者にパスポートを提出。不審者が旅行者に同伴する形で搭乗手続きを行い、国際線出発口まで同行し、その場で「搭乗手続きの手伝いをしたのだから、金を支払え、払わないとパスポートと搭乗券を返却しない」と旅行者に金銭を要求。

・邦人旅行者がチェックインカウンターを探していたところ、空港係員を装った男が、話しかけてきて搭乗便等を確認した上で、時間が迫っているので自分に任せるべしと半ば強引にチェックイン手続きを代行したチェックインカウンターを離れ、制限エリアへの入り口のところで「手数料」を払わなければ、ボーディングパスとパスポートを返さないとして2万円を強要され仕方なく支払った。

・国際線から国内線に乗り継ぐためにチェックインカウンターを探していたところ、カウンターに案内すると3人組に言われ、パスポート、チケット、荷物を渡してチェックイン、荷物預けの手続きをしてもらったところ、(カウンターを離れた後に)荷物が重量オーバーしていたとして、一人500元ずつを要求され日本円で2万円を支払った。カードでの支払いができず、領収書も出せない等不審だったのでロビー内で相手側を探し出し交渉したところ、400元だけ取り戻すことができた。

2014年4月21日 在中国日本国大使館

TBSが火を付けコリアン芸人が油を注ぐ

「沈没事故、2ちゃんの7割が『ざまあみろ』」 小田嶋隆さんの発言巡りネットで論議
2014/4/23 19:59 JCAST

   「韓国の沈没事故で、2ちゃんの書き込み10万件の7割が『ざまあみろ』みたいな感じ」。コラムニストの小田嶋隆さん(57)がラジオ番組でこんな内容の発言をしたことが物議を醸している。

   2ちゃんねるでは、「韓国旅客船沈没事故、大惨事に」などとするスレッドが事故後から101まで続いた。1スレで1000件の書き込みができるため、このお祭り状態で、合わせて10万件以上の書き込みがあったことになる。
「日本人がみんな喜んでいるように思われちゃう」
   小田嶋隆さんは、TBSラジオで2014年4月21日に放送された赤江珠緒アナ(39)の番組「たまむすび」のコーナーで、この話題を取り上げた。沈没事故について、「ネット内の反応が酷いなあ」と漏らした後、2ちゃんの書き込みについて、「内容がほとんど、7割方『ざまあみろ』みたいな感じ」と嘆いた。
   すると、出演者のカンニング竹山隆範さん(43)が「酷いね」と同意し、赤江アナも「何それ?」と不快感を示した。
   これに対し、小田嶋さんは、酷いことを言うのは、日本人1000人のうち1人か2人だとしながらも、2ちゃんでは、普段言えないことを言う人たちが集まることによる悪循環があると指摘した。それは、日本で酷いことを言っていると韓国のネットで紹介され、一方、韓国では日本に対して酷いことを言っていると日本に紹介されるというものだ。
   小田嶋さんは、「日本人がみんな喜んでいるように思われちゃうじゃないですか」として、「そういう書き込みをするのは、いかがなものか」と批判した。
   続いて、竹山さんが、亡くなった生徒が多かった高校は反日教育を強くやっていて、修学旅行でもそれをやりに行く途中だったというツイッターの書き込みを見たと明かした。そのうえで、「そういうことは書き込むべきことじゃないでしょう」「リツイートしている人もいたし、そのへんがおかしなことだ」と思いを吐露した。

2ちゃんの真意はよく分からないことが多い
   また、小田嶋隆さんも、韓国が日本の救援申し出を断ったことがネットで邪推されているという見方を示した。しかし、これは声をかけるのが普通であり、断るのも「お前の助けなんていらねえよ」と言っているわけではないと説明した。今は取り込んでいて、それどころではないということだとして、邪推するような書き込みは残念だと漏らした。
   これに対し、竹山隆範さんは「内容がちゃんとしたことを知らずにね、勝手に自分の理解だけで」といい、赤江珠緒アナも「何にも生まれないのにね、そんなこと言ってもね」と同意を示した。小田嶋さんは、スナックの片隅でこぼしていたような陰口を大っぴらに言って共有できる場ができてしまったことが問題だ、と発言をまとめていた。
   確かに、当時の2ちゃんスレをみると、「おめでとう!竹島泥棒の船が沈んだな」「どんどん死んでくれw」「謹んでご冥福をお祝い申し上げます」といった書き込みは見られた。一方で、「ザマアって言うなよ」などと発言をけん制するようなものから、「一人でも多く助かるといいけど」「日本政府はさっさと救援隊を出さんかい」といった声もあった。また、酷いことを言っているのは「工作活動」だなどとする指摘もあり、発言の真意はよく分からないことが多い。「ざまあみろ」と言っているのか微妙な発言もあり、何割かといった割合を計算するのは難しいようだ。

   小田嶋さんの発言について、ネット上では、「残念だがこれも現実」と理解を示す声もあるが、疑問が多く上がった。「7割がざまあみろ」だという根拠が示されていないという批判が上がったほか、「匿名掲示板はそういうモン」「良くも悪くも本音が出る」といった指摘も出ていた。
(続く)

▲:暴力団組長を父に持ってそれを自慢し、河本準一の生活保護疑惑では口汚く疑惑追及者を恫喝して河本を擁護し、和田アキ子に這いつくばるこのクズ芸人(竹山隆範)は、恐らくコリアン系だろう。

 竹山がコリアン系だとしたならば(その可能性は高い)、コリアンマンセー放送局のTBSが火を付け、コリアン芸人が油を注いで、いつものように日本人を貶めている、という構図を理解できる。


PS 小田嶋という男は、こんな連中と共著を出している、しかも9条の。

(内田樹・平川克美・町山智浩)『9条どうでしょう』(毎日新聞社、2006)
 内田・朝鮮学校無償化運動活動家、や、在日・町山とつるむ、コリアンマンセー男なのである。
 もちろん、小田嶋という男自身が、コリアン系という可能性も否定はできない。竹島や捏造慰安婦問題についてどう言っているのだろう? 内田や町山とつるんでいるのだから、だいたい想像はつくというものだけれども。

PS2 コリアン系が自作自演で「被害者を装う」ということは十分に予想できる。何しろ、加害者でありながら被害者を装うことさえするのだから。以下の事件はそのほんの一つの例。

「殴ったほうが訴える……?」横暴やまないサッカー韓国代表に、世界中から非難の目- 日刊サイゾー(2013年6月22日16時00分)
 サッカー韓国代表が18日、ホームで行われた2014年W杯アジア最終予選でイランに0-1で敗れたものの、グループ2位で本大会出場を決めた。
 3位のウズベキスタンとは勝ち点で並び、得失点差で1点上回っただけという、まさにギリギリの予選通過。だが、その裏で、韓国のスポーツマンシップにもとる行為が起きていた。
「韓国に勝利し、W杯出場を決めて喜ぶイランのゴールキーパーを、韓国のチームスタッフらが殴りつけたんです。暴力沙汰だけでも許されないのに、さらに韓国はイラン代表のカルロス・ケイロス監督が勝利でガッツポーズをしたことに対して、挑発的だと国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)に提訴する考えだというから、開いた口がふさがりません」(サッカーライター)
 両者の諍いには伏線があった。昨年10月、同予選で韓国はアウェーでイランと対戦したが、0-1で敗戦。このとき、韓国代表に出発当日ギリギリまでビザが発給されなかったり、現地に到着後も照明のない練習場を与えられたりと、イランにさまざまな嫌がらせを受けたのだ。いってみれば、アウェーの洗礼である。その遺恨が、今回の事態に発展したのだろう。
「中東のチームと戦うときには、こうした嫌がらせは普通のこと。アウェーの洗礼は、日本代表だって受けていますよ。でも、だからって、ピッチ上で相手の選手を殴ったりしないでしょう? スポーツマンシップのかけらもない。もう論外ですよ。韓国としては、“イランの嫌がらせが原因で負けた”と言いたいのでしょうが、それが韓国の実力なんですよ。ケイロス監督の態度が挑発的だと批判しますが、韓国が日本に勝利したときの挑発的な態度はどう説明するのでしょうか? 言い分が一方的で、まったく話になりません」(同)
 サッカーにおける韓国の狼藉ぶりは、今に始まったことではない。02年の日韓W杯では、開催国であるのをいいことに、露骨なホームタウン・デシジョンでベスト4をかすめ取り、世界中のサッカーファンから批判を浴びた。昨年のロンドン五輪では韓国が日本に勝利して銅メダルを獲得した際には、代表選手のパク・チョンウが竹島の領有権を主張するプラカードをピッチで掲げ、五輪スポーツに政治を持ち込むものとして大問題になった。

 このときは国際オリンピック委員会から厳重注意はあったものの、最終的にパクにも銅メダルが授与された。しかし、韓国の懲りない横暴ぶりを見る限り、このときに厳罰を与えるべきではなかったかと思わざるを得ない。というよりも、スポーツマンシップを理解できない韓国には、サッカー界から退場願ったほうがよさそうである。